現役中高生の8割以上が中学卒業までにSNSデビュー スタディプラスが中高生1,869名対象に調査

スタディプラス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:廣瀬高志、以下スタディプラス)は2022年4月18日~19日にかけて、学習管理アプリ「Studyplus」上で中学1年生から高校3年生のユーザーを対象に「通学とスマートフォン・SNS利用に関するアンケート」を実施し、結果を発表した。

1,869人から調査に対する回答を得て、今回は「SNS」に関連した調査結果の概要を報告する。

「SNSに関するアンケート」(中高生対象)調査結果概要

SNSネイティブ世代の中高生たちに、SNSの利用実態や始めたタイミング、目的を聞いた。

5大トピックス

  1. 93.5%の中高生たちが、SNSを利用中。
  2. 8割以上が、中学を卒業するまでにSNSを利用開始。SNSをはじめる理由で多いのは、友人や家族との交流・連絡手段として。
  3. 中高生たちが使うSNSランキング、1位「LINE」2位「YouTube」。どちらも利用率は9割超え。
  4. 写真、テキスト投稿型のSNSではアカウントを複数持つ傾向あり。Instagramは7割以上、Twitterは5割以上が複数アカウントを所持。
  5. 6割を超える中高生たちが、1番よく使うSNSを1日1時間以上利用。利用目的は「見て楽しむ・情報を得るため」が最も多い結果に。

結果詳細

何らかのSNSを利用しているか

中高生の間での利用率は93.5%と、非常に高い結果に。

SNSを利用し始めたのはいつか/SNSを利用し始めた目的は何か

中学卒業までに、8割以上がSNSを利用開始。

SNSデビューのタイミングで最も多いのは「中学1年生」、続いて「小学校高学年」。

利用し始めた目的は、1位「リアルな友人との交流」、2位「家族との連絡」。身近な人とのコミュニケーション手段として、SNSを使い始める傾向に。

「情報を得るため」55.3%、「情報を発信するため」7.3%と、発信目的より受信目的での利用開始が目立つ。

各SNSをどの程度利用しているか/各SNSで持っているアカウント数

主要SNSの利用度合いで特筆すべきは、「LINE」「YouTube」の高さ。双方、9割を超える利用率。

「Instagram」も約7割、「Twitter」も半数以上と、利用中の学生の方が多い結果に。

アカウント数は、動画SNSである「YouTube」「TikTok」は1個のみが多数派。

一方、写真中心の「Instagram」は7割以上、テキスト中心の「Twitter」では半数以上が複数アカウントを所持。

「Instagram」は、アカウント数を2個持っている学生の割合が最も高い。

※複数のアカウントの使い分け方を尋ねたところ、以下のような回答を得た。趣味などの目的や、人間関係の違いによって、使い分ける傾向に。

  • 「リア垢、本垢、勉強垢、裏垢、病み垢、なり垢、活動垢 など」
  • 「リア垢2つ、趣味垢6つ、勉強垢1つ」
  • 「本垢、裏垢、サブ垢、ポケモン垢、勉強垢、学校の生徒会の垢」
  • 「通常アカウント 勉強のモチベーションアップのアカウント(投稿などはしていません)」
  • 「学校の人全体と繋がるアカウントと、仲がいい人のみのアカウント」
  • 「表向きの絵垢とそうでない絵を載せる垢、載せるゲームの種類別」

一番よく使うSNSはどれか/一番よく使うSNSをどの程度利用しているか/一番よく使うSNSを何のために使用しているか

一番よく使うSNSトップは「LINE」、3割以上の支持を得る。「YouTube」「Instagram」と答えた割合も2割超え。

6割以上の学生が、一番よく使うSNSを1日に1時間以上利用していると回答。3時間以上使うと答えた学生も、12.4%にのぼる。

使用目的は、「見て楽しむ・情報を得るため」。SNSをはじめる目的は家族や友人とのコミュニケーションが多数だった一方で、使用していくうちに情報収集が最大の目的となる傾向に。

一番よく使うSNSで得た情報を、どの程度信頼できると思うか


SNSへの信頼度は、中立の立場が多数。情報をしっかりと見極めようとするスタンスの学生が多い傾向に。

調査概要

  • 調査対象 : 全国の「Studyplus」ユーザー(現役の中学1年生~高校3年生)
  • 回答者  : 1,869名
  • 調査方法 : インターネット調査
  • 調査時期 : 2022年4月18日〜4月19日

学習管理アプリ「Studyplus」概要

「Studyplus」は、日々の勉強を記録・可視化し、ユーザー同士でシェアして励まし合うことができる学習管理アプリ。

ユーザーの自己調整学習、学習モチベーションの維持・向上をサポートする。

会員数700万人、大学受験生の2人に1人が利用している(2022年5月現在)。