チエル、先生のICT利活用支援サイト「e-Teachers GIGA SCHOOL」のコンテンツを拡充

学校教育向けのICT利活用を支援する、チエル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:粟田 輝)は、2022年5月より先生のためのICT利活用支援サイト「e-Teachers GIGA SCHOOL」のコンテンツを拡充し、同社ロングセラーデジタル教材「フラッシュ型教材」を会員登録者全員に無料で提供することを発表した。

「e-Teachers GIGA SCHOOL」概要

このサイトは、基礎・基本の徹底に役立つ“フラッシュ型教材”を始め「GIGA端末の活用」に重点を置き、教材・ツール・情報等を先生に届けるサイト。

端末の操作方法から、授業で使えるテンプレート集など先生がすぐに授業で役立つコンテンツが用意されている。

新会員向けサービス開始の背景

同社では2007年以来、フラッシュ型教材活用サイト「e-Teachers」を提供しており、全国3万8,000人超の先生に利用されている。

2021年5月には、「e-Teachers GIGA SCHOOL」として新たに生まれ変わり、時代に即した形で進化してきた。

GIGA端末活用は2年目を迎えたが、学校間だけでなく学級間でも端末の利活用の格差が広がっている。

こうした現状を改善するには先生の負担を軽減し、GIGA端末をスムーズに使いこなすためのサポートと情報発信が不可欠だと考え、今回新たに会員プランを用意するに至ったという。

このサイトは従来のサイトコンテンツに加えて、現場の先生が授業ですぐに使えるツールやアイデアを紹介するだけでなく、ICTがあまり得意でない先生も安心して活用できるよう各コンテンツの使い方も掲載されている。

同社は今後も先生の授業をICTで支えるため、定期的なコンテンツの拡充と継続的なサービスの提供を行っていく。

※Google ドキュメント および Google スライド はGoogle LLC の商標。

「e-Teachers GIGA SCHOOL」コンテンツと会員種別

Lite(無料)/Standard(無料)/Premium(月額480円) ※Premiumプランは、2022年夏公開予定。

掲載コンテンツについて(一部抜粋)

フラッシュ型教材

従来の学校現場で利用されていたフラッシュ・カードに、ICTのよさ・手軽さ・便利さが加わった授業でも自主学習でも役立つコンテンツ。

らくらくツール

  • らくらく学校コード検索:文科省が公表している「学校コード」を、学校種や設置区分・キーワードで簡単に検索できるツール。
  • らくらくテンプレート集:教員・教育関係者から寄せられた実践的アイデアのGoogle ドキュメント™️ やGoogle スライド™ を無料で使えるテンプレート集。

さらに、2022年夏公開予定のPremium会員へ登録すると、以下のコンテンツも利用できる(開発中につき、公開時に変更になる可能性がある)。

デジタル素材集(Premium会員対象)

小学校、中学校、高校の算数・数学、理科、社会、英語、保健体育、音楽、物理や科学の実験、岩石や地層の写真も多数収録。

児童・生徒に配布する教材の一部として利用したり、他校の先生への配布やホームページに掲載したり、多彩なイラストや写真を組み合わせることで、幅広いシーンで利用できる。

らくらく座席表(Premium会員対象)

学習者カードを自由なレイアウトで並べ、授業での発言回数や出欠席情報など先生が使いたい項目をカスタマイズし、タップ操作で簡単に記録できるツール。