「AirCourse」複数のeラーニングコースをまとめた「学習パス」を作成できる新機能をリリース

KIYOラーニング株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:綾部貴淑)が提供する企業向け社員教育クラウドサービス「AirCourse(エアコース)」について、複数のeラーニングコースをまとめた「学習パス」を作成できる新機能を開発・リリースしたことを発表した。

この機能を活用し、目的別・テーマ別に学習パスを用意することで体系的な教育プログラムを構築することができる。

また学習パス単位で評価・改善を行うことで、教育プログラムの効果を高めることが可能。

AirCourseの「学習パス」とは

目的別やテーマ別に複数のeラーニングコースを組み合わせたものが「学習パス」。

これまでは受講してもらいたいコースを1コースずつ割り当てていたが、今後は学習パス単位で受講者に割り当てることができるようになる。

学習パス機能を開発した背景

AirCourseではこれまで受け放題の動画研修コンテンツ「標準コース」を450コース以上リリースしてきた。

またAirCourse上では研修管理者自身でも簡単にeラーニングコースを作成することができるため、社員に受講させたいコースが多くなるにつれ、管理者は社員に受講コースを割り当てる工数が増加する。

一方で受講者は「受けられるコースが多すぎて、どの順番で受講すればよいのか分かりにくい」という状況に陥りがちだった。

そこでこれらを解決すべく、目的別やテーマ別など、複数のコースをグルーピングして管理できる「学習パス」機能を開発。

これにより管理者目線では、管理工数の削減や体系的な教育プログラムの構築を実現でき、受講者目線では、どの順番にどのコースを受講すべきかが明確になり、コースを探す手間が省ける。

学習パスを活用するメリット

1. 管理者は、割り当て業務を効率化できる

複数のコースを組み合わせた学習パスを作成し、受講者に割り当てることができる。

従来のように1コースずつ受講者にコース割り当てする手間が省けるため、管理者業務の効率化(工数削減)につながる。

2. 受講者は、コースを探す手間が省ける

学習パスを割り当てられた受講者は、学習パス内のコースを順番に受講する。

そのため、次に受けるコースを一覧から探す必要がなくなる。

また、どの順番でコースを受けるとその知識・スキルが身につくのかが分かりやすくるとともに「次にどのコースを受講すればよいのか分からない」という悩みが解消され、受講促進効果も期待できる。

3. 体系的な教育プログラムを構築できる

目的・テーマ別に複数の学習パスを用意すれば、体系的な教育プログラムを構築することが可能。

また各コースの受講する順番を設定することができるので、教育効果の向上も期待できる。

学習パスの活用場面

学習パス機能を活用することで、以下のように様々な目的・テーマに応じた体系的な教育プログラムを構築可能。

  • 新卒社員向けの新入社員研修:社会人に必要とされる知識・スキル・マインドを体系的に学習できるようにする。
  • 中途入社社員向けのオンボーディング:入社後に従事する業務に必要な研修や社内ルールのインプットなどを体系化できる。
  • コンプライアンス研修:全社員向けや階層別など、対象ごとに複数の学習パスを用意することができる。
  • 業務遂行のための知識インプット:業務遂行時に求められる知識インプットのための研修や動画マニュアルを体系化できる。
  • DX推進のためのリスキリング(学び直し):ITリテラシー強化やDXの基礎知識インプットなど目的・レベルに応じて体系的なリスキリングを実現する。
  • 企業理念、経営方針、行動指針の教育:知識インプットを目的にした研修以外にも、企業理念・経営方針・行動指針などの教育にも活用できる。

学習パスの種類

学習パスには、

  1. 同社が作成した受け放題動画研修:標準コースのみで構成される「標準学習パス」
  2. 各企業様が作成したオリジナルコースや標準コースを自由に組み合わせて作成する「オリジナル学習パス」

の2種類がある。

標準学習パス

標準学習パスのテーマ  *標準コースのテーマ拡充に応じて、標準学習パスも追加予定。

受け放題の動画研修コンテンツである「標準コース」を、特定のテーマごとにまとめたのが標準学習パス。

  • 「教育テーマは決まっているが、どのコースを組み合わせればよいか分からない…」
  • 「eラーニングを導入したばかりで自社で作成したオリジナルコースがまだない…」

上記のような企業は標準学習パスを活用することで、すぐに教育を始めることができる。

オリジナル学習パス

オリジナル学習パスとは、標準コースや各企業が作成したオリジナルコースを自由に組み合わせて作成したもの。

以下のように様々なパターンの学習パスを作成できる。

  • 標準コースのみを組み合わせる
  • 標準コースと自社で作成したオリジナルコースを組み合わせる
  • 自社で作成したオリジナルコースのみを組み合わせる

上述した標準学習パスは「複製」してオリジナル学習パスとして活用することもできる。

自社で作成したオリジナルコースと組み合わせることで、より効果の高い教育プログラムを構築することが可能。

学習パスの操作画面

管理者画面

受講者画面

AirCourseは今後も顧客の声を反映し、さらなる利便性向上を実現するために、様々な機能を開発・リリースしていく。

また時勢に合わせた機能開発も行い、社員教育のプラットフォームとして、より多くの企業にAirCourseを活用してもらえるよう進めていくという。

社員教育クラウドサービス「AirCourse」とは

「AirCourse」は、企業向け社員教育eラーニングサービス。

社員教育でニーズの高い動画eラーニングコース484コースが受け放題となっているほか、簡単に自社の研修動画、マニュアル動画などを共有・配信できる。

初期費用0円でローコストで運用でき、スマホ・PC・タブレットなどマルチデバイスに対応している。

eラーニングだけでなく、集合研修の管理や受講状況・成績レポートなどの管理機能が充実しているため、社員教育を効率化したい企業に最適。


ABOUT US

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。