無料オンライン講座「gacco®」初の生放送授業「gacco LIVE」を開始、5月12日よりシリーズ配信

株式会社ドコモgacco(東京都港区、代表取締役社長 佐々木基弘、以下「ドコモgacco」)は、無料オンライン講座プラットフォーム「gacco®(ガッコ)」初となる生放送授業「gacco LIVE」を2022年5月12日(木)より開始することを発表した。

これまでの録画講座のように講師の話を聞くだけでなく、チャットを利用して質問や疑問を投げかけることで、生放送授業ならではの「ここでしか生まれない学び」の場を実現する。

「gacco LIVE」概要

95万人以上が登録する「gacco」初となる生放送授業を開始

gacco」は、大学教授をはじめとした一流の講師陣による本格的な講義を無料で受講できるオンライン講座サービス。

リカレント教育やリスキリング、趣味や教養の拡充など幅広い目的で、現在会員数は95万人以上(2022年4月時点)となりった。

会員の受講者同士の熱いディスカッションを促進する機能もあるが、授業自体は録画済みの動画視聴となるため、講師と受講者間では一方向の発信となっている。

そこで、双方向のコミュニケーションを取りながら一緒に学びを深めていく「新しい学びの時間」として、生放送授業「gacco LIVE」を開始する。

リアルタイムの生の講義や考察ディスカッションの時間を設けることで、録画視聴とは異なるよりリアルに近い授業体験を提供し、深い学びの時間につながればと考えているという。

gaccoは、受講者の会員と、講座を提供するコンテンツパートナーと一緒に、新しい学びの時間をこれからも創っていく。

gacco LIVE「教養再考ー振り返れば教養ー」シリーズについて

多様な分野で活躍する講師が、「教養」を再考する

「自分にとって何が学びにつながったのか」をテーマに、生きるうえで大切な「学び」そして「教養」とは何かを紐解く「教養再考ー振り返れば教養ー」シリーズを配信する。

教養には、「人間の精神を耕し豊かにするもの」といった定義はあるが、人によって捉え方は様々である。

そこで、これからの社会をより良いものにする古今東西の叡智を探求し、社会に活用するための土台づくりを行う一般財団法人NEXT WISDOM FOUNDATIONをコンテンツパートナーとして連携し、多様な分野で活躍する講師に、何が人生を豊かにしたかを伺い「教養とは何か」受講生と考える場をつくる。

それぞれの人生に照らし合わせて教養とは何かを考え、学ぶことに対する好奇心を高める一助になればと考えているという。

配信スケジュールと担当講師

  • Vol.1:5/12(木) 12:00-13:00 竹村 眞一教授(京都芸術大学教授)
  • Vol.2:5/26(木) 12:00-13:00 小西 利行氏(POOL inc. クリエイティブ・ディレクター/コピーライター)
  • Vol.3:6/9(木) 12:00-13:00 山形 浩生氏(評論家/翻訳家)
  • Vol.4:6/23(木) 12:00-13:00 立川志の春氏(落語家)

※Vol.2以降については、gacco LIVE公式ページで順次公開予定。

申込方法

各講座の詳細ページより、受講登録が必要。

※gacco非会員は、事前にgaccoのホームページで会員登録(無料)も必要。

視聴方法

Zoomウェビナー

※当日は、開始時間の10分前より入室可能。終了後のアーカイブ視聴はできない。

受講費

無料

講師紹介

竹村 眞一(たけむら しんいち)

京都芸術大学教授、NPO法人ELP(Earth Literacy Program)代表

東京大学大学院文化人類学博士課程修了。

自身が開発した世界初のデジタル地球儀「触れる地球」/SPHEREはグッドデザイン賞・金賞、キッズデザイン賞最優秀・内閣総理大臣賞を受賞。

東日本大震災「復興構想会議」専門委員、国連アドバイザー、東京都環境審議会委員などを歴任。著書に『地球の目線(PHP)』、『宇宙樹(慶應義塾大学出版会』(高校の国語の教科書にも掲載)など。

小西 利行(こにし としゆき)

POOL inc. クリエイティブ・ディレクター/コピーライター

CM制作から、街づくりや国の戦略構築も行う。「伊右衛門」「PlayStation」「モノより思い出。」などヒットCM多数。

2017年に経済産業省と共に「プレミアムフライデー」を発案。

2019年に京都のホテル「THE THOUSAND KYOTO」「GOOD NATURE STATION」、2020年立川「GREEN SPRINGS」などをプロデュース。

「挽肉と米」オーナー。ドバイ万博日本館のCREATIVEADVISERも担当。著書に『プレゼン思考』(かんき出版)、『売れ型』(PHP研究所)がある。

山形 浩生(やまがた ひろお)

評論家/翻訳家

1964年東京生まれ。東京大学都市工学科修士課程およびMIT不動産センター修士課程修了。

途上国援助業務のかたわら、広範な分野での翻訳および雑文書きに手を染める。

著書に『たかがバロウズ本』(大村書店)、『新教養主義宣言』(河出文庫)など。

主な訳書にクルーグマン『クルーグマン教授の経済入門』(ちくま学芸文庫)、バナジー&デュフロ『貧乏人の経済学』(みすず書房)、ピケティ『21世紀の資本』(みすず書房)、ジェイコブズ『アメリカ大都市の死と生』ほか多数。

立川志の春(たてかわしのはる)

落語家

立川志の輔の三番弟子。2002年10月入門。2011年1月二つ目昇進。2020年4月「志の春」のまま真打昇進。

1976年8月14日、大阪府豊中市生れ。幼少時と学生時代の計7年間を米国で過ごす。米国イェール大学卒業後、三井物産にて3年半勤務。

古典落語、新作落語、英語落語を演じる。新宿角座での月例独演会「志の春落語劇場」の他、下ネタ限定の「シモハルの会」、英語オンリーの「Shinoharu English Rakugo」などを定期的に開催中。

大学、企業にて英語落語を交えた講演多数。著書に『誰でも笑える英語落語』(新潮社)、 『あなたのプレゼンに「まくら」はあるか?』(星海社)、『自分を壊す勇気』(クロスメディアパブリッシング)がある。

gacco について

大学教授をはじめとした一流の講師陣による本格的な講義を、誰でも無料で受けられるウェブサービス。

特徴

  • 無料で学べる:講座は大学や企業に提供されており、無料で学ぶことができる。
  • いつでも・どこでも学べる:スマホ・タブレットで受講も可能。オンライン講義なので、いつでもどこでも学ぶことができる。​
  • 学びやすい:一つの動画の長さは10分程度。外出先やスキマ時間にも、ネットで学びやすいよう工夫されている。​
  • 本格的な大学レベルの講義:ビジネス直結の講座から知的好奇心を満たす講座まで、様々なジャンルの講師が本格的な講義を繰り広げる。
  • 受講者同士で学びを深められる:レポート課題がある講座では、採点基準に基づき、講師ではなく受講者同士でレポートの評価をし合う、相互採点を行う。オンライン講座と対面授業を組み合わせた講座もあり、講師や受講者同士の議論を通じて発展的な内容を学ぶ。​掲示板では、同じ講義を受講する仲間と熱いディスカッションが繰り広げられる。時には講師も参加し、議論をまとめる。まさにゼミ活動さながらの、深い学びを得ることができる。​
  • 努力の証しがもらえる:クイズやレポートを提出し、所定の基準を満たすと修了証※(電子ファイル)が発行される。

※受講した講座の修了証であり、大学の単位、公的資格等を証明するものではない。

利用方法

講座を受講する前にgaccoの会員登録(無料)が必要

提供

このサービスは、JMOOC(日本オープンオンライン教育推進協議会)に加盟している(株)ドコモgaccoが提供しているもの。

(株)ドコモgaccoは、大学レベルの講義を受けられるMOOC(大規模公開オンライン講座)プラットフォーム「gacco」の運営を通じ、人生100年時代をより豊かに過ごすために学び直しをしたい人々を応援している。

法人向けには、「gacco ASP」や「gacco Training」として、受講者を限定した法人オリジナル研修の配信サービスや研修コンテンツの提供もしている。