ワンダーラボが初のVR教育ゲーム「The Wonder of Numbers and Sounds」を配信

ワンダーラボ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:川島 慶、以下「ワンダーラボ」)は、150ヶ国200万ユーザーが利用する知育アプリ「シンクシンク」や、国内で多くの保護者から支持されるSTEAM教材「ワンダーボックス」を開発・提供する教育テック企業である。

ワンダーラボは今回、新たなVR教育ゲーム「The Wonder of Numbers and Sounds」(ザ・ワンダー・オブ・ナンバーズ・アンド・サウンズ)をリリースしたことを発表した。

数学・アートなどのデジタルコンテンツで数々の賞を受賞する同社による初のVR作品となる。

The Wonder of Numbers and Soundsについて

「The Wonder of Numbers and Sounds」は、Meta社のVR端末「Meta Quest」で楽しむことができる数学×アート×VR教育ゲーム。

算数・数学の基礎である四則演算を身体を動かしながら、VRで「体感」できる新感覚のゲームである。

アプリストアでの紹介文

「数字」と「音」の不思議な世界へようこそ。

「The Wonder of Numbers and Sounds (WoNaS)」は、足し算と割り算を駆使して、氷山を削っていくVR計算ゲームです。

数字が浮かび、心地良い音が鳴り響く銀世界。その中心には数字が刻まれた氷山。

あなたは、浮かんだ数字を氷山にぶつけて、刻まれた数字を”1”にすることを目指す。刻まれた数字を”1”にした先に、あなたが数字で奏でた音楽が…。

ゲームの目標

制限時間5分以内に、氷山に刻まれた数字を”1”にしよう

この世界のルール

  • 2~30の数字が宙に浮かんでいる(30を超える数字は消える)
  • 氷山に刻まれた数字をその約数で撃つと、数字が割られ、氷山は小さくなる
  • 浮かんでいる2つの数字を両手に掴み、ぶつけると数字は足される
  • 浮かんでいる数字の約数を掴んで撃つと、その数字で割られる
  • あなたは、この世界の数字と音に隠された関係に気づけるか?

※ゲームは「テスト版」。アプリストアで「審査中」と表示されるが、問題なく利用可能。
※利用には、VR端末「Meta Quest」が必要。

開発の意図

ワンダーラボは、「世界中の子どもたちが本来持っている知的なわくわくを引き出す」というミッションを掲げる会社である。

その時代ならではの技術や素材を生かして、子どもたちの学ぶ意欲を引き出す、新たなわくわく教材コンテンツの創出を追求している。

これまで同社は、スマホ・タブレット向けのアプリ教材や、ワークブック・トイなどのアナログ教材を幅広く開発してきた。

また過去には、タブレット・アプリ・アクリルパネルの組み合わせによるアート作品「Hypocycloid(ハイポサイクロイド)」を制作し、2019アジアデジタルアート大賞展FUKUOKA インタラクティブアート部門に入賞している。

今回は、高い没入感を体験できるVRの特性をいかし、子どもたちに数学・アートのおもしろさ、美しさを新しい角度から味わってほしいという思いから、「The Wonder of Numbers and Sounds」の制作に至ったという。