中野区立中野第一小学校、学習プラットフォーム「Monoxer」を導入

モノグサ株式会社(東京都千代田区、代表取締役:竹内孝太朗、畔柳圭佑)が提供する、記憶定着のための学習プラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」が公立小学校の中野区立中野第一小学校(東京都中野区、校長:戸﨑晃、以下中野第一小学校)にて2022年4月より導入されたことを発表した。

昨年実施した実証事業では、Monoxer活用後に漢字テストの平均点が約8割に上昇しているという。

中野第一小学校では、国語、算数、社会、理科、英語の5教科でMonoxer活用を予定している。

これまで、宿題では先生が紙のプリントを出して、児童は間違えた部分を反復して書いて憶えるという指導を行っていた。

今後、反復学習による記憶定着が必要な事項に関しては、紙のプリントからMonoxerに置き換える。

Monoxerを活用することで、児童一人ひとりの記憶状態に応じて最適な反復学習ができるようになる。

Monoxerの学習で可視化された結果を保護者と連携し、児童のモチベーションを高める声掛けを各家庭と協同で実践していく。

これによって、中野第一小学校ではこれまで授業時間に使っていた記憶に係る時間を減らし、「考える」「話し合う」「伝え合う」「活用する」などの時間を多くしたいと考えているという。

そして基礎的・基本的な内容の確実な定着を図るとともに、言語活動や課題解決学習、体験的な学習の一層の充実により思考力・判断力・表現力等を育成し活用する力を身に付けさせ、個別最適な学びと協働的な学びの一体的な充実を図り、主体的・対話的で深い学びを推進することを目指す。

2022年度は全教職員で、一人一台タブレットとMonoxer の活用による授業改善・授業改革の研究に取り組むことを目指す。

中野第一小学校における実証の概要

Monoxerの「手書き機能」で漢字を書きながら学習し、事前と事後にテストを実施してテスト結果の平均点を比較した。

実施期間

2021年9月13〜27日の2週間、Monoxerによる学習を実施。

9月13日に事前テスト、9月27日に事後テストを実施(テストはいずれも20点満点)している。

対象人数

中野第一小学校の児童を対象に実施。

  • 事前テスト:344名(2年生127名、4年生96名、6年生121名)
  • 事後テスト:327名(2年生123名、4年生91名、6年生113名)

学習内容

児童は学年ごとに前年度既習の範囲の漢字(2年生は約30字、4、6年生は約40字)を学習。

Monoxerの「学習計画機能」に基づいて、全体の学習内容を日割りし、児童はMonoxerが提示した決められた学習量を日毎に学習した。

実施方法

朝の学習課題、授業の課題としてMonoxerによる学習を実施。

終わらなかった分は、日々の宿題として学習を進めた。

先生はMonoxerの「リアクション機能」を活用し、声掛けを実施し、児童のモチベーション維持を図った。

中野第一小学校における実証の結果

実証事業の結果、20点満点のテストで、全体の平均点は11.1点から15.8点と約8割に上昇した。

特に4年生は、6.8点から14.4点と2倍以上に上昇している。

中野第一小学校 高橋 雄哉 先生のコメント

本校では、全学年国語科の漢字の学習で活用しました。校内で5分、家庭学習で5分程度の目安を設定して、取り組みました。

小学校段階では、ノートに手書きで漢字の練習をすることに苦手意識をもつ児童が一定数います。

Monoxerを活用した学習では、そのような児童の負担を減らすこともできると実感しました。また、2週間ごとに小テストを行うことで、児童が自らの学習成果を定期的に認知することで意欲の向上にもつながります。

結果を見ると、非常に高い定着率だったので、私たちもその効果を強く実感することができました。

管理画面で児童の取組状況を簡単に把握できるので、個別に励ましや賞賛の声をかけたり、Monoxer上で「いいね!」や「ファイト!」を送ったりすることができるのも強みの一つだと思います。

今後は、国語科や外国語科での語彙取得や、算数科の計算、理科や社会科の基礎的・基本的な知識の習得など、様々な教科での活用を模索していきます。

Monoxerの「手書き機能」について

Monoxerの「手書き機能」は、ひらがな、カタカナ、漢字、アルファベットなどをスマートフォンやタブレットに手書きをして、書いて憶えることができる機能。

特に文字の評価と誤答のフィードバックに力をいれている。

文字の評価については、学習者が手書きした文字が正確でないと、正解にならないようにされている。

文字を正確に認識し、きれいな文字を書けるようになるために、厳密な評価システムを採用。

誤答のフィードバックについては、手本とどこが違うのかを正確に学習者にフィードバックし、正しい文字を書けるようなサポートをする。