AI型教材「Qubena」提供のCOMPASS、学習者を中心としたデータ利活用のための連携・協働プロジェクト「Qubena Connect」を始動

AI型教材「Qubena(キュビナ)」を開発・提供する株式会社COMPASS(本社:東京都文京区、代表取締役:小川 正幹、以下 COMPASS)は、学習者を中心としたデータ利活用のユースケース創出のため、さまざまな企業やサービスとの連携・協働を進めるプロジェクト「Qubena Connect(キュビナコネクト)」を開始することを発表した。

「Qubena Connect」プロジェクトの概要と背景

「Qubena Connect」は、学習者である子どもたちを中心としたデータ利活用のユースケース創出に向け、さまざまな企業やサービスとの連携・協働を深化させることを目的としたプロジェクト。

GIGAスクール構想による1人1台端末環境が整備され、教育現場における各種教育ICTサービスの導入・活用が進んでいる。

そうした中で、各サービスに蓄積される教育データの横断的な利活用へのニーズが高まりを見せているが、その具体的なユースケースの創出については、これからの課題となっている。

COMPASSでは既に、QubenaとMEXCBTとの連携、学習指導要領コードへの対応など、事業者・サービスの垣根を越えた教育データの連携に取り組んでいるが、こうした連携をさらに強化し、学習者中心のデータ利活用の動きを加速するため、今回の「Qubena Connect」始動にいたったという。

学習者を取り巻く教育データが、学習者自身にとって、より便利に、効果的かつ安全に利活用されるよう、本プロジェクトの連携パートナー、また専門家の皆様とも連携しながら、法令に則ったセキュアなデータ利活用のあり方を検討し、効果検証・効果測定を重ねることでエビデンスに基づくユースケースの創出に取り組んでいく。

Qubena Connect 連携パートナーについて

COMPASSでは今後、本プロジェクトの主旨に賛同した企業・サービスとの連携を深め、子どもたち一人ひとりに「個別最適化された学び」の環境を、より便利で効果的なものにするための取り組みを進めていく。

また、今後パートナーとして連携を希望される企業・サービスを募集している。

連携に関する問い合わせ窓口: info@compass-e.com