オンラインプログラミング学習サービス「Progate」の学校限定無料プランが導入300校を突破

株式会社Progate(本社:東京都渋谷区、代表:加藤將倫、以下Progate)は、同社が提供する提供するオンラインプログラミング学習サービス「Progate」の学校限定無料プラン「Progate for School」の導入学校数が300校を超えたことを発表した。

「Progate for School」導入学校数300校突破の背景

「Progate for school」の導入学校数が300校を突破

全国の先生のパートナーとして提供してきた「Progate for school」の導入学校数が300校を超えた。

「Progate for school」は2016年11月より学校向けに提供を開始した、オンラインプログラミング学習「Progate」を授業に活用できるプラン。

学校教育法第1条で定義される『学校』のうち小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、高等専門学校であれば2つの言語に関するレッスンを無料で提供している。

先生のパートナーになれるように「Progate for school」を2レッスンまで完全無償で提供

(写真は先生が準備した教材とProgateを組み合わせて授業を行っている様子)

2020年度より小学校ではプログラミング教育が必修化され、2022年度より高校の新学習指導要領でプログラミングやデータ分析を含む「情報」が必修科目となった。

さらに2025年に実施される大学入学共通テストでは「情報」が加わることが公表され、急速にプログラミング教育の普及が進んでいる。

しかし教育現場の先生にはプログラミングの経験がないことも多く「何を教えたらよいのかわからない」「プログラミング教育のことを考える時間がない」など、授業に対して不安を抱いているケースも少なくない。

Progateでは、日々の教育に邁進する先生のパートナーになれるように「Progate for school」では2つの言語に関するレッスンを完全無償で提供している。

授業に活用してもらうことで先生の負担を軽減することはもちろん、生徒が授業を通してプログラミングによって自分の可能性を広げられることを願い、無償提供の取り組みを続けている。

授業に活用されている、人気のレッスンと組み合わせ

授業で活用されているレッスンを集計したところ、人気が高いレッスンは「HTML & CSS」、「JavaScript」、「Python」、「Java」、「SQL」の順となった。

レッスンの組み合わせとして最も人気が高いのは「HTML &CSS、JavaScript」となり、授業活用でもWebに関するレッスンの人気が高い結果となった。

Progateについて

Progateは、「Empowering everyone to open new doors through programming.」をビジョンに掲げ、『誰もがプログラミングで可能性を広げられる世界』を目指してプログラミング学習サービスを提供している。

2014年7月設立以降、オンラインプログラミング学習「Progate」は「プログラミング学習の入り口」と評価され、2022年2月、ユーザー数は全世界で250万人に達している。

今後もプログラミングで人生の可能性を広げられる人を世界中に増やすことを目指して、プログラミング学習サービスを展開していく。