スプリックスの基礎学力を育成するAIタブレット教材「フォレスタ学習道場」、海外展開に伴い「DOJO」に改称

森塾や自立学習REDを運営する株式会社スプリックス(本部:東京都豊島区/代表取締役社長:常石博之、以下スプリックス)は、同社が保有する豊富な学習ログデータに最先端のAI技術を活用することで、一人ひとりに最適な学習カリキュラムを提供している「フォレスタ学習道場」の本格的なグローバル展開をスタートすることを発表した。

それに伴い、「フォレスタ学習道場」はブランド名を「DOJO(ドウジョウ)」に改称し、世界規模での認知向上を目指すほか、世界中の人々の基礎学力向上にむけ尽力していく。

スプリックスでは、学力の根底をなす基礎学力の育成を推進すべく、2020年12月に基礎学力研究所を設立し、基礎学力を国際基準で評価する国際基礎学力検定「TOFAS」、基礎学力を育成するAIタブレット教材「フォレスタ学習道場」を展開してきた。

CBT形式の「TOFAS」はパソコンやタブレットがあれば世界中どこからでも受検することができ、提供開始から約1年経った現在までに、世界15か国8万人以上の受験者がいるという。

日本語や英語をはじめ計7か国語に対応しており、今年度は国内外ともに大幅に受検者数が増幅する見込み。

また、「フォレスタ学習道場」は、計算、漢字・語い、英単語の基礎学力を、最新のAI搭載タブレットを用いて効率的に鍛える教材として、日本全国約700教室で導入されるなど、これまでも多くの子どもたちの基礎学力育成に貢献してきた。

基礎学力の定着には、評価と育成の両輪からアプローチすることが必要不可欠だと考えているスプリックスでは、TOFASの受検国、受検者数の増加を受け、「フォレスタ学習道場」の本格的なグローバル展開を決定。

これに伴い、世界規模での認知向上を図るべく、名称を「DOJO」へと変更する。

「DOJO」のグローバル展開により、これまでの「TOFAS」受験者をはじめ、世界中の人々が、評価と育成の両輪から基礎学力向上を目指せるようになる。

今後もスプリックスでは、日本国内において、子どもたちの基礎学力向上を目指し、学習塾だけでなく小学校や中学校での「DOJO」の展開、導入を積極的に進めていく。

また、世界中の基礎学力向上に寄与すべく、世界各地において「DOJO」導入を推進するとともに、多様化する学習ニーズに応えるサービスを展開していく。

「DOJO」 概要

東京大学大学院工学系研究科松尾研究室の成果活用型企業である株式会社松尾研究所と共同開発した、基礎学力の育成に特化したタブレット教材。

タブレットに直接書き込むスタイルで、正誤判定の機能も搭載されているため、学習はタブレットだけで完結する。

豊富な学習ログデータに最先端のAI技術を活用することで、一人ひとりに最適な学習カリキュラムを提供。

今後は世界各地での導入を推進していく。

「DOJO」の3つの特徴

①基礎学力の育成に特化した学習ができる

あらゆる学力の土台となる基礎学力がなければ、応用力などを身につけることができない。

フォレスタ学習道場では、算数・数学の「計算」、国語の「漢字・語い」、英語の「英単語」、これらの基礎に特化し、無学年式で学習することができる。

いずれの科目も中学生までの範囲を網羅している。

②一人ひとりに最適化されたカリキュラムで効率よく身につく

学習をスタートする際にテストを行い、その正誤結果から一人ひとりに最適な学習開始地点をフォレスタ学習道場が自動的に判定。

学習開始後は、学習履歴データの分析によりそれぞれにあった学習カリキュラムを提供するため、あらゆる学力レベルにおいて最も効率的に基礎学力を身につけることができる。

③家庭・学習塾の場所を問わず自分のペースで進められる

学習する環境を問わず、フォレスタ学習道場はタブレットが最適な学習カリキュラムを自動的に提供。

学習内容、学習方法が変わらないため、子どもたちは家庭においても学習塾との切れ目なく、自分のペースでどんどんと先に進むことができる。

高いモチベーションをキープしたまま学習することで、学習習慣が身につく。

スプリックス基礎学力研究所 概要

  • 名称:スプリックス基礎学力研究所
  • 代表者:所長 梅田 修平

スプリックス基礎学力研究所は、「基礎学力」にフォーカスするかたちで、「子どもたちの学力を正しく評価し、着実に定着させること」を目的に創設された。

同所は、「基礎学力」を定着させることは、学力向上のスタートラインに立つことであり、それがあってはじめて子どもたちの将来の選択肢が拡がって、人生の新たなステージを享受できると考えている。

日本のみならず、世界中の子どもたちに「基礎学力」を定着させるべく、研究および開発を進めていくことをミッションとしている研究所である。