IGS提供の「GROW Academy」導入校の8割で思考力・表現力・判断力が成長

Institution for a Global Society 株式会社(本社・東京都渋谷区、代表取締役社長・福原 正大、以下 IGS)は、思考力・表現力・判断力等を育む学習コンテンツ「GROW Academy(グローアカデミー)」を導入した学校の8割で、生徒の思考力・表現力・判断力等が成長したことを発表した。

これらの導入校は、経済産業省が実施する「EdTech導入補助金」(以下、補助金)を2021年度に利用し、GROW Academyを無償導入した。

IGSは、4月15日付で、2022年度も補助金のEdTech事業者に採択されている(3年連続)。

同社を通して応募すると、補助金交付対象に採択された場合、対象期間中GROW Academyを無償で利用できる。

これに伴い、補助金を活用してGROW Academyを利用したい自治体・学校を募集している。一次締切は4月25日まで。

「GROW Academy」とは

「GROW Academy」は、思考力・表現力・判断力等を育むためのフレームワーク(思考法)を学べる、動画学習コンテンツ。

2022年度より全国の高等学校で全面実施となる「理数探求」に準拠した、STEAM型教材「起業家シュミレーション」も搭載。

いずれも、先生の負担を軽減しながら、正解の無い問題を解決する力を育むことができる。

主に探究学習、キャリア教育、STEAM教育を目的に、対面・オンライン授業、ロングホームルームで活用されている。

2021年度の実証成果

「GROW Academy」を導入した申請校について

2021年度は全国の小学校・中学校・高等学校の120校(48,300名以上の児童・生徒)が、EdTech導入補助金申請校として「GROW Academy」を利用した。

全国の学校の成果

思考力・表現力・判断力等の成長データがとれた申請校52校のうち、79%が成長。

また、自学習とオンライン授業で活用された53校の先生のうち、83%が「自学習やオンライン授業の活性化につながった」と回答した。

コロナ禍などでオンライン授業や自学習が求められる中でも、生徒の思考を深められる点を評価された。

尚、思考力・表現力・判断力等の成長データは、生徒の思考力・表現力・判断力等を可視化する、360度AI評価ツール「AiGROW※2」(IGS提供)を使用し、取得されている。

活用目的としては、2022年度より全国の高等学校で全面実施となる「探究」授業等にマッチした「探究学習」が最多となった。

経済産業省「Edtech導入補助金」とは

一人ひとりが自分のペースで学ぶ「学びの個別最適化」を実現するため、全国一律のICT環境が進む中、端末で使う教材ソフト・サービスの導入に活用できる経済産業省による補助金制度。

学校現場にEdTechを導入する事業者に対してその経費を補助する制度で、事業者が補助申請者となり、自治体・学校法人等の学校等設置者と連携し進めていく。

学校でのEdTechの確実な活用・定着を図ることを目的としている。

Ai GROW (アイ・グロー)とは

児童・生徒・学生の資質・能力と、教育効果を可視化する、教育機関向け評価ツール。

潜在的な性格診断(IAT)の他、能力評価の際に生徒の相互評価にAIの補正を加えることで、評価バイアスを極小化。資質・能力を定量化し、即時フィードバックが可能。

2019年4月のリリース以来、250以上の学校が利用。

経済産業省「未来の教室」実証事業、埼玉県戸田市の実証事業の教育効果検証に採用されている他、「地域との協働による高等学校教育改革推進事業」、「WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業」「SSH(スーパーサイエンスハイスクール)」(文部科学省)の効果検証にも活用されている。