教育機関向け英語学習クラウド「TerraTalk」EdTech導入補助金活用に向け学校・自治体向けオンライン説明会を開催

教育機関向け英語学習クラウド「TerraTalk」の開発・運営を行うジョイズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:柿原祥之 以下「ジョイズ」)は、経済産業省が実施する「EdTech 導入補助金2022」における実証学校・自治体の募集を開始したことを発表した。

EdTech事業者である同社を通して応募し、補助金交付対象に採択された場合、対象期間中「TerraTalk」を無償で利用できる。

「TerraTalk」EdTech導入補助金2022 オンライン説明会 概要

対象者

学校・教育委員会の職員

開催日時

2022年4月13日(水)、20日(火) 各16:00~17:00

内容

  • TerraTalkの紹介(製品概要・活用事例紹介)
  • EdTech補助金導入手続きについて
  • TerraTalk実証事業モデルの説明
  • 質疑応答

参加費

無料

会場

オンライン配信(要事前エントリー)

※申込後、メールアドレス宛に参加URLが送付される。
※参加希望にも関わらず、日程の都合がつかない場合は n.toji@joyz.co.jp(ジョイズ株式会社 田路尚秀)まで連絡。
※補助金の申請は、実証事業モデル策定後、同社が行う。事務局より申請が受理されない可能性もある。

EdTech導入補助金について

Edtech導入補助金は、GIGAスクール構想の一環として、Society5.0時代における教育現場の実現のため、学校等教育機関での利用を対象にEdTechソフト・サービスの導入促進を目的として交付される。

スケジュール

  • 交付申請締切
    • 初回:2022年4月25日
    • 2回目:2022年5月13日
    • 3回目:2022年5月20日 ※4回目以降の日程は未定
  • 交付決定:2022年5月中旬(初回) ※以降順次
  • 事業実施期間:交付決定日~2022年12月26日 15:00
  • ツール費の補助対象期間:交付決定日~2023年3月31日までの使用分
  • サポート費の補助対象期間:交付決定日~2022年12月26日までの使用分
  • 実績報告期間:2022年11月~2022年12月26日 15:00
  • 効果報告レポート:2023年1月中旬提出

教育機関向け英語学習クラウド「TerraTalk」について

「TerraTalk」は、AI技術を活用して生徒の英語学習をサポートする学習クラウド。

自動採点や、発音フィードバック機能により、生徒ひとりひとりに最適化された学習体験を提供する。

さらに、2021年4月より、検定教科書対応を大幅に拡充。

教科書本文を使った会話・音読練習が可能になった。

教員向けの学習管理システム(LMS)とあわせて、新指導要領への対応を強力にサポートする。