3,900教室以上が活用する学習プラットフォーム「Monoxer」、旺文社オリジナルの高校生向け古文単語集を提供

モノグサ株式会社(東京都千代田区、代表取締役:竹内孝太朗、畔柳圭佑)が提供する記憶定着のための学習プラットフォーム「Monoxer」が、株式会社旺文社(東京都新宿区、代表取締役社長:粂川秀樹)よりライセンスを受け、Monoxer上で旺文社オリジナルの高校生向け古文単語集を導入教室向けにリリースしたことを発表した。

Monoxerにて、導入教室向けに新たに旺文社オリジナルの高校生向け古文単語集『古文単語・熟語ターゲット400』の販売を開始した。

基礎的な単語から大学入試まで400項目をカバーし、幅広いレベルの人が学習できる。

Monoxer内では例文の空所補充形式でも出題され、解いているうちに現代語と古語の対応関係が自然と身につくように設計されている。

Monoxerは生徒数が数万人の大手塾・予備校から、生徒数が数十人の地域密着型の塾、および学校現場での導入実績があり、生徒の記憶定着を支援するために様々な教科・用途で活用されている。

今回、記憶定着が有用な領域である古文の学習をよりサポートできるよう、『古文単語・熟語ターゲット400』を提供する運びとなった。

教材『古文単語・熟語ターゲット400』の概要

  • 1st stage:古文を読むために最低限必要な最も試験に出やすい単語と熟語を学習
  • 2nd stage:豊かな古文の世界を理解するために必要な言葉を学習
  • 3rd stage:どのような入試問題にも対応できる力を養成

日常学習から大学入試まで対応できる古文単語・熟語集。

短時間で効率よく暗記することを目標として400項目を収録、レベル別に3段階に分類されている。

単語は頻出する意味・用法をメインに抽出しており、熟語はそのまま暗記できるような種類のものを厳選している。

旺文社教材のライセンスについて

旺文社は2021年に創業90周年を迎えた教育出版社。

書籍出版に留まらずユーザーに新しい学習体験を提供する一環として、デジタル学習プラットフォームなどへの教材ライセンスを多面的に展開している。

この件ではMonoxer独自のAI技術と旺文社が長年培ってきたコンテンツ力を掛け合わせ、記憶状況により問題難易度が変動する特長を活用しながら確かな品質の問題で繰り返し練習ができる、画期的な学習体験を実現した。