ライフイズテック提供の「Life is Tech ! Lesson 」情報Ⅰ全単元に対応

IT・プログラミング教育サービス事業を手がけるライフイズテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:水野雄介) は、2022年度からの高等学校「情報Ⅰ」必履修化に合わせ、学校向けオンラインプログラミング教材「Life is Tech ! Lesson(ライフイズテック レッスン)」の【Python・AIコース】を【情報Ⅰ全対応コース】としてリニューアルしたことを発表した。

「Life is Tech ! Lesson 情報Ⅰ全対応コース」概要

「Life is Tech ! Lesson」は一人一人の理解度に合わせて個別最適なプログラミング学習を実現する、中学校・高校累計導入校数 No.1(*日本マーケティングリサーチ機構調べ)のEdTech教材。

プログラミング教育未経験の先生でも簡単に導入可能で、これまで全国の300以上の自治体、約1,650校の公立・私立学校、約32万人に利用(2021年9月末時点)が広がっている。

リニューアルの背景

2022年4月より実施される高校の新学習指導要領では、プログラミングやデータ活用などを学ぶ共通必履修科目「情報Ⅰ」が新設される。

加えて、新高校1年生が受験する2025年の大学入学共通テストでは「情報」が教科として取り入れられる。

GIGAスクール構想のもと、デジタル教育が広がりをみせる中で、これからの子供たちはSociety5.0時代を豊かに生きる力の育成が不可欠となっている。

ライフイズテックでは、本教材の提供を通じて、社会の情報化の進展に主体的に対応できる力や、課題解決の力を育む学校教育の支援をしていく。

リニューアル内容

今回のリニューアルにあたっては、高校において実習環境の整備が課題となるプログラミングとデータサイエンスを含む「情報Ⅰ」の全単元を網羅。

これまでの【Python・AIコース】では、情報Ⅰの(3)にあたる、プログラミングやAIを使った問題解決の学習までをカバーしていたが、【情報Ⅰ全対応コース】では、新たに(4)データの活用(データサイエンス)分野をはじめとする(1)〜(4)の全ての単元に対応した。

「つくる」ことで学びながら、体系的に知識も身に付くワンストップ型教材として、提供を開始する。

加えて、先生向けのサポート機能・体制も拡充。

  • 「情報Ⅰ」の全単元に対応した指導案や、今回の学習指導要領改訂によって導入される観点別評価に対応する「評価案」
  • 小テストやチェックワークなど理解度測定・定着の仕組みなどの「授業支援ツール」
  • プログラミングやデータサイエンスに関する指導力向上を図っていただける「スキルアップ講座」
  • 先生の困りごとに年間を通じて電話・メールで応える「カスタマーサポート」

等、新しく始まる「情報Ⅰ」だからこそ、先生の授業支援にも重点を置いた内容となっている。

特徴

「情報Ⅰ」全単元に対応

実習環境の整備が課題となるプログラミングとデータサイエンスを含む、全単元を網羅。

「つくる」ことで学ぶ「コンテンツ型教材」と、知識をビジュアルで体系的に理解する「スライド型教材」の組合せにより、ワンストップで学習が可能。

年間指導計画案を用意

1年分のカリキュラムを用意。授業の計画に応じて、自由に活用できる。

充実した先生向けサポートで円滑な授業実施を支援

先生用の授業スライドや、生徒向けワークショップコンテンツ、小テスト、評価指標などの先生向けの授業支援ツールも提供。

授業準備の手間がかからず、導入環境や設定もシンプルで、プログラミング教育未経験の先生でも簡単に導入可能。

利用料無料「Edtech導入補助金2022」活用導入説明会について

  • 開催日時:4月中は原則、毎日開催(各回45分)
  • 内容
    • (1)生徒向け教材内容について
    • (2)先生向け機能&授業支援ツールについて
    • (3)EdTech導入補助金による【無料】導入について
  • 開催方法:Zoomでのオンライン開催
  • 申込方法:以下フォームより申し込み。後日ZoomURLが届く。
  • 参加費:無料

なお、「Life is Tech ! Lesson」は経済産業省「EdTech導入補助金2022」を活用しての「無料」導入が可能。

導入を希望・検討される自治体や学校向けに、「EdTech導入補助金」を活用した導入に関するオンライン説明会を開催する。