マイナビとALBERT、社会が求めるDX人材を育成するサービスを共同で開発

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:土屋芳明、以下 マイナビ)と株式会社ALBERT(アルベルト、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松本壮志、以下 ALBERT)は、社会が求めるデジタルトランスフォーメーション(DX)人材を育成するサービスを共同で開発したことを発表した。

これにより、学生・社会人にDXの知識やスキルを高める機会を提供することで、社会全体のDXの推進を目指す。

DX人材育成コンテンツ「HUMAN CAPITALサポネット powered by マイナビ」概要

社内の研修やインターンに活用できるDXの素養を高めるオリジナル研修コンテンツを提供する。

研修コンテンツと共に講師用のテキストや動画も提供することで、研修運営の内製化を支援する。

またこのサービスは座学だけでなく、より実践的なスキルを習得できるワークショップも含んでいる。

ワークショップでは各産業の特徴に合わせたデータを使って仮説の構築や活用方法の考察を行うため、座学のみの育成プログラムよりも実践的な内容となっている。

さらに、事前に用意しているテーマだけでなく、各業界や企業独自のニーズに合わせたオーダーメイドのワークショップにも対応可能。

背景

 両社の強みを活かした「DX人材育成サービス」を提供開始​

マイナビとALBERTは2020年12月に資本業務提携を締結している。

マイナビの保有する人材採用・就職支援に関する知見やビッグデータと、ALBERTの持つ分析技術や専門人材育成ノウハウを融合させ、デジタル人材の育成支援サービスの提供に取り組んでいる。

幅広い産業の様々な業務においてAIやビッグデータを活用したDXが活発化し、その実行を担う人材への期待が高まっている。

今回、DX人材の質だけでなく人数を確保することも企業が抱える経営課題の一つとなっており、データサイエンティストをはじめとするDXのコア人材の育成だけでなく、従来の業務に従事する従業員に対するDXの基礎スキル習得ニーズが増加している。

このような状況を受けマイナビとALBERTは、新しいDX人材育成サービスを開発し全国の大学生や企業へ提供を開始する。

このサービスは座学研修・ワークショップ形式で提供する「DX人材育成コンテンツ」とパソコンやタブレットで学習可能な「DX領域e-learning」から構成されており、学生・新入社員から中堅・ベテラン社員まで幅広い人材を対象に、DX人材に求められる知識や思考を実践的に学ぶことができる。

この取り組みは、ALBERTの掲げる「人材育成に注力し、自社を含めた社会全体のDX人材増加を実現する」事を目指した活動の一環であり、CATALYSTパートナーと共同で製品・サービスを開発、展開する新たな取り組みである。

ワークショップのテーマ例

  • 製造:自動車の販売数/車種別在庫数/輸出台数・割合 等​
  • 金融:クレジットカード利用データ/契約年数/不正利用被害 等​​

DX領域e-learning概要

就活準備サイト『マイナビ2024』にて、DXの定義や各業界におけるDX動向などの基礎知識に加え、KPI設定や課題抽出、組織づくり等のDXを推進するための知識・スキルを学習する「DXがわかる!超基礎講座」を公開した。

専門用語などの丁寧な解説や豊富な事例を用いた説明により、どのようなスキルレベルでも理解しやすい内容となっているという。

PC・タブレット・スマートフォンで利用できるため、時間や場所を選ばずに学習できる。

社会人向けのe-learningも順次、提供開始予定。

中央大学副学長 全学連携教育機構長 AI・データサイエンスセンター副所長 武石 智香子氏

「実地応用の素を養う」を建学の精神とする中央大学では、DX人材の社会的負託に応えるべく、産学協働による教育の連続性を重視しています。

マイナビとALBERTには、動画配信によるプログラミング実習科目と、複数企業によるオムニバス科目で、教育にご協力を頂いています。

業界のリーディングカンパニーのタッグが社会のDX人材育成にもたらす効果に大いに期待しています。