東洋大学、実りあるキャンパスライフをサポートする「東洋大学公式アプリ」を運用開始

東洋大学(東京都文京区/学長 矢口悦子)は、学生の一人ひとりの成長を重視し、学習をはじめとするキャンパスライフをより実りあるものにするためのスマートフォンアプリ「東洋大学公式アプリ」の運用を2022年4月1日から開始することを発表した。

「東洋大学公式アプリ」概要

同学は2021年1月に策定した「東洋大学教育DX(デジタルトランスフォーメーション)推進基本計画」をもとにした取り組み「『学生一人ひとりの成長を約束する学修者本位の教育の実現』~〝3万人のLearning Journey〞の羅針盤~」で、文部科学省の事業「デジタルを活用した大学・高専教育高度化プラン」(【取組(1)】「学修者本位の教育の実現」)に採択された。

この取り組みとして運用を開始する「東洋大学公式アプリ」を活用して、学生の学修行動・学修ログの集積し、高度な分析を可能にしていくほか、学生に最適な情報を提供していく。

また、個々の成長を自ら把握しながら、主体的な目標設定に繋がる気付きや学びの振り返りを柔軟に行えるように支援するとともに、教員の学習指導・アドバイスに活かしていくよう、今後も機能を追加する予定。

同学では「東洋大学公式アプリ」を学生の「”知”の旅(Learning Journey)の羅針盤」(入学から卒業・卒業後までの学びの支援)として、高度なデータ活用による大学全体の教育の高度化と質保証を実現していく。

運用開始

2022年4月1日

ユーザー

東洋大学の学部・大学院生

2022年4月時点の主な機能

gakucho.png
  • 「TOYO-info」「TOYO-navi」機能:「大学からのお知らせ」「時間割」「休講補講」の情報や、学生の「困った」を解決するための学生生活に欠かせないさまざまな情報を集約する。
  • 「My Journey」機能:アプリからの問いかけにより新しい気付きやきっかけを提供し、学生の学修の成果や目標の管理にも活用できる。
  • 安否確認、緊急連絡機能:大規模災害や事件等の緊急時に学生の安否確認を行える機能や、大学からの連絡を迅速に届ける緊急連絡機能を搭載。