三重県松阪市とライフイズテック、GIGAスクール時代の新しい学びを実現するプログラミング教育で連携

松阪市教育委員会と、プログラミング教育サービス事業を手がけるライフイズテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:水野雄介) は、GIGAスクール時代の新しい学びを実現するプログラミング教育に関する連携協定を締結したことを発表した。

なお、2022年3月28日に、松阪市とライフイズテックの連携協定締結式ならびに共同記者会見を実施した。

松阪市とライフイズテックの連携概要

松阪市は「夢を育み 未来を切り拓く 松阪の人づくり」を教育理念に掲げている。

社会変化の激しい時代を生き抜く子どもたちの育成には、GIGAスクール環境や先端技術を最大限活用した個別最適な学び、 協働的な学びを実現するとともに、自分らしい生き方の実現のため、自発的に未来を切り拓く力をつけることが不可欠と考えている。

この学びを実現するため、松阪市とライフイズテックは市内公立中学校のプログラミング教育の充実およびEdTech教材の活用支援に取り組む。

令和3年度においては、経済産業省「EdTech導入実証事業(補助金)」を活用し、先行的に各校での実証を行ってきたが、この取組を発展的なものとするため、今回の連携協定の運びとなったという。

ITスキルを用いた地域の課題解決体験を推進し、地域への関心のみならず、子どもたちの可能性を広げ、主体的に未来を創造できる力の醸成を目指す。

同時に、教員向け研修やプログラミング学習における効果測定も実施し、「新しい学びを実現するプログラミング教育」において連携していく。

協定締結日

令和4年3月28日

連携協力事項

  1. 市内の中学校におけるプログラミング教育の実施及び教材の利用に関すること
  2. 市内の中学校におけるプログラミングを用いた課題解決体験の推進に関すること
  3. 市内の教員及びICT指導員等の指導力向上並びに授業実践方法の研究に関すること
  4. 今後のプログラミング教育の在り方の検討及びプログラミング教育がもたらす児童生徒への教育効果に関すること
  5. 市内における実践事例の他自治体等への広報及び普及に関すること
  6. 前号に掲げるもののほか、甲、乙が必要と認めること

具体的な取り組み内容

GIGA端末を活用した地域課題解決型学習の実施を支援

「ライフイズテック レッスン」では本格的なテキストコーディングを学び、オリジナルのプロダクト制作を通じて、課題解決能力を身につけることが可能。

技術科のみならず、探究学習や総合の時間の授業において、松阪市の地域課題を発見し、プログラミングを用いた課題解決型学習の実施を支援する。

地域課題解決という身近な成功体験を積むことで、やりたいことの実現に向けての推進力や発信力、創造力の醸成を目指す。

指導力強化のための教員向け研修を実施

教員向けに「ライフイズテック レッスン」を用いた課題解決型研修を実施し、教員自身が「教わる」体験の提供を通じて、教員の指導力強化を図る。

プログラミング教育の学習効果測定による学びのアップデート

プログラミング教育による影響は、プログラミングスキルの向上だけではなく、基礎学力の向上、非認知能力の向上、自尊感情の向上などをもたらすという仮説がある。

中学生の意識がどのように変化したのか、プログラミング教育の効果について検証するとともに、効果検証を通して、授業内容の振り返りや指導案の改善へと繋げ、松阪市のプログラミング教育をアップデートし続けることを目指す。

EdTech教材「Life is Tech ! Lesson」(ライフイズテック レッスン)について

  • 新学習指導要領に対応:中学校技術科 /高校情報科の新学習指導要領に対応したブラウザ完結型のプログラミング学習教材
  • 楽しく学ベるカリキュラム設計:エピソードに合わせて出題される課題をクリアすることでプログラミングを楽しく学べる
  • テキストコーディングで問題解決を実現:オリジナルの作品制作を通して問題解決を実現
  • 個別最適な学習を実現:一斉授業ではなく、生徒がそれぞれのペースで学習可能
  • プログラミング教育未経験の先生でも簡単に導入可能:授業準備の手間がかからず、導入環境や設定もシンプル
  • 充実した先生向けサポート:進捗管理画面、指導案、補助教材、小テスト、評価指標などの先生向けの授業支援ツールも提供