記憶定着のための学習プラットフォーム「Monoxer」学習回数10億回を突破

モノグサ株式会社(東京都千代田区、代表取締役:竹内孝太朗、畔柳圭佑)の提供する記憶定着のための学習プラットフォーム「Monoxer」の累計学習回数が10億回を突破したことを発表した。

Monoxer上で先生が作成したオリジナルのBook(問題集)の数は30万冊以上となっており、Monoxer上の小テストも5万問以上作成されている。

1年間で学習回数が3倍以上に増加

現在、Monoxerは3,900教室以上の塾や学校を中心とした教育機関で活用されている。

昨年3月末時点でのMonoxerの学習回数は約3億回だったため、直近1年間で3倍以上に増加。

また、Monoxer上で先生が作成したオリジナルのBook(問題集)の数は30万冊以上となっており、学習されている内容も、小学校、中学校、高校における漢字や英語学習、社会や理科の暗記事項を中心として、医療系の専門知識や社会人の語学学習、業務で使う知識事項の定着など幅広い分野へ拡がっている。

Monoxer上で確認テストが実施できる「小テスト機能」も日々アップデートを重ねており、教育現場を中心に活用が拡がっている。

「モノグサ株式会社」について

モノグサ株式会社は、記憶定着のための学習プラットフォーム「Monoxer」の開発・提供をしている。

Monoxerは、あらゆる知識を確実かつ最小限の負荷で身につけることができる “記憶のプラットフォーム”。

学校や塾といった教育機関を中心に、全国3,900以上の教室で導入されている。

ユーザーは英単語、漢字、歴史、数式など、記憶したい知識をインポートすると、Monoxerが記憶定着のために最適な問題を生成。

また、Monoxerはリアルタイムで一人ひとりの学習内容を解析し、知識の定着度合いを可視化。その情報をもとに、出題する問題の難易度・頻度を一人ひとりに合わせて自動で最適化する。

上記の通り、ユーザーはオリジナル教材を簡単に作成できることに加え、旺文社の『ターゲット1900』や学研の『ランク順シリーズ』など、Monoxer上で学習できるデジタル教材のマーケットプレイスを利用することも可能。

近年では、塾や学校にとどまらず、中国語教室などの語学教室、美容・医療系専門学校、従業員のスキルアップに力を入れる一般法人、外国人労働者の就労を支援する人材企業など、活用の幅が拡がっている。


ABOUT US

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。