『スタディサプリ ENGLISH』英語4技能コースで英検®過去問題集を提供開始

株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村 吉弘、以下リクルート)が提供する学校向け『スタディサプリ ENGLISH』の「英語4技能コース」は、公益財団法人 日本英語検定協会と提携し、英検®の過去問題集を教材として追加したことを発表した。

『スタディサプリ ENGLISH』英語4技能コースについて

中学校・高校向けに提供している『スタディサプリ ENGLISH』では、楽しく継続して学習できる「中高生英会話コース」と、英語の4技能をバランス良く鍛え英語民間検定試験の対策ができる「英語4技能コース」を展開している。

今回、「英語4技能コース」において、英検®試験前の直前対策ができる教材が欲しいという学校現場からのニーズに基づき、英検®3級~準1級までの4レベルにおいて、過去5回分の過去問題の提供を開始する。

解答・解説だけでなく間違えやすいポイントなど知っておきたいTipsも提供し、試験対策が可能。

生徒は、テキスト教材を別途購入する必要がなく、追加の費用負担なしで過去問の演習に取り組むことができ、Webブラウザ・アプリの両デバイスから学習することができる。

さらに先生は、実施年度・受験回ごとに、各技能の出題形式別で、過去問を課題として配信することができ、学習データ画面から取り組み状況や正解率が把握できる。

▼演習画面イメージ 左よりリーディング、ライティング、スピーキング、リスニング(注)画像はイメージで実際の問題とは異なる。

▼先生の管理画面イメージ 課題配信選択画面

▼先生の管理画面イメージ 正解率閲覧画面

提供範囲

英検®3級~準1級

提供量

過去5回分 ※英検®(従来型)は年3回実施されており、2021年度第1回から過去5回分が対象となる。

問題構成

問題演習のみで構成され、1講座で英検®の試験1回分の問題量を提供

解説内容

解答・解説+直前対策ポイント

その他

  • 講座の概要や使い方に関するガイダンス動画を提供
  • 全受験方式に利用可能(紙実施の従来型とそれ以外の英検S-CBT、英検S-Interviewなど)

※英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標。このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではない。

学校向け『スタディサプリ』について

学校教育のサポートツール『スタディサプリ for TEACHERS』は、先生の”生徒一人ひとりに寄り添いたい”をICTでサポートするツールとして、全国の高校で活用されている。

生徒の学習習熟度を『スタディサプリ 到達度テスト』で特定し、“苦手克服課題”として、生徒一人ひとりに合わせたオンライン講義動画を配信し、“宿題”として、クラス全員に特定の講義や確認テストを配信することが可能となる。