高知県が全国の自治体で初めて独自の学習eポータル開発を開始、スタディログを活用した個別最適な学びを実現へ

高知県は、文部科学省が開発しているCBTシステム「MEXCBT(メクビット)」や様々なデジタル教材などを連携させるハブである「学習eポータル」を独自に開発する、全国自治体初の取り組みを開始したことを発表した。

これにより、スタディログを蓄積して児童生徒や教員に適切にフィードバックすることで、個別最適な学びの実現を目指す。

高知県の「学習eポータル」独自開発について

独自の学習eポータル開発の経緯

学習eポータルは、日本の初等中等教育向けのデジタル学習環境のコンセプトで、具体的な全体像や技術仕様は学習eポータル標準モデルとして整理されている。

現在は、民間事業者が標準モデルに準拠した学習eポータルをブラウザベースのソフトウェアとして開発し、各自治体はこれを利用してMEXCBTにアクセスしている。

高知県では、令和2年度から教育大綱の基本方針に「デジタル社会に向けた教育の推進」を位置づけ、1人1台タブレット端末の環境を使った新しい学習スタイルを構築すべく、教育委員会・学校が一丸となって取り組みを進めている。

MEXCBTや各種デジタル教材のハブとなる学習eポータルは高知県の目指す新しい学習スタイルの根幹になると考え、独自の学習eポータルを開発することとした。

学習支援プラットフォーム「高知家まなびばこ」について

独自の学習eポータルは、高知県が令和3年4月より運用している学習支援プラットフォーム「高知家まなびばこ」の一部として開発を進めているという。

すでに高知県の全公立学校の児童生徒・教員向けにアカウントを配付しており、開発が完了すると「高知家まなびばこ」にログインすることでMEXCBTや各種デジタルドリルへのSSO(シングルサインオン)が可能となり、学校でのアカウント管理の手間が大幅に削減される。

さらに、様々なデジタルドリルを利用した際に発生するスタディログを「高知家まなびばこ」に蓄積し、ツールを横断して情報が見られるダッシュボード機能により、児童生徒や教員に適切なフィードバックを行い、個別最適な学習の実現につなげていく。

将来的には、必要に応じて校務系データとも連携していくほか、デジタル教科書についても「高知家まなびばこ」との連携を検討していく。

こうした多くのデータを収集・連携させる取り組みにおいて、個人情報が外部に漏洩しないことや保護者・本人の同意を得てからデータを利用するのは当然だが、例えば小学校・中学校・高校と校種を越えてデータを引き継ぐ際に本人の不利益となることがないよう、十分に留意しながら進めていく方針。