「進研ゼミ」の英語オプション教材「オンラインスピーキング」、講師の指導品質向上を目的に表情・感情認識AIを導入

株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:小林 仁、以下:ベネッセ)が提供する通信教育「進研ゼミ」の英語オプション教材「オンラインスピーキング」は、2022年3月より、すべての英語オンラインレッスンに講師の指導品質向上を目的として「表情・感情認識AI」を導入したことを発表した。

レッスン中の講師の表情やジェスチャーをリアルタイムで解析し、講師へ即時フィードバックすることで、指導品質の更なる向上を図る。

「オンラインスピーキング」への表情・感情認識AI導入概要

導入したのは、株式会社シーエーシー(東京都中央区)のオンラインコミュニケーション活性化支援ツール「心sensor for Communication」をベネッセ独自のレッスン品質管理ノウハウに基づきカスタマイズしたシステム。

このシステムは表情・感情認識AIを搭載し、オンライン会議や研修でのコミュニケーションの課題を解決する目的で企業に採用されているが、教育サービスでは初めての導入となる。

導入の背景とねらい

「オンラインスピーキング」は未就学児、小学生、中高生が受講する英会話レッスンである。

初めて外国人と英会話をする子どもも多く、講師の雰囲気や子どもへの接し方など、講師の指導テクニックが重要。

そのため、子ども向け英会話レッスンの満足度・学習効果を左右する、特に重要な要素を基準化し、全レッスンをAIでリアルタイム解析、講師にフィードバックすることで、指導品質の向上を実現している。

1 全ての講師が高い水準の指導を実現

子ども向け指導において経験値だよりで感覚的な部分を数値で可視化し、指導歴にかかわらず、すべての講師が高い水準の指導を実現できる仕組みとして導入している。

生徒からの人気が高くリピート受講が多い講師や、体験レッスンから入会に繋がりやすい講師のパフォーマンスを指標化し、もっとも顧客満足度に寄与する要素を重点的に即時フィードバック。

その結果、新人講師でも高い満足に繋がる、ポイントを押さえた指導を可能にしている。

また、時間帯によるパフォーマンス悪化等のアラームをキャッチし、講師シフトの見直しに反映することで、常に安定したレッスンを提供する。

2「笑顔の頻度」をキーにレッスンを活性化

テスト導入の段階で、顧客評価が高いレッスンには「感情表現が豊かでジェスチャーが多用されている」という共通の傾向がみられたため、感情・ジェスチャーを解析観点として取り入れた。

講師と生徒の笑顔が多く出現するレッスンは満足度が高い傾向にあることがわかったため(右のグラフ参照)、本システムでは、「笑顔」の頻度を重要指標の1つとしている。

このシステムにより、お子様でも「安心」して「英語で伝えたい気持ち」を高められるレッスンを提供する。

高い指導品質を実現する仕組み

表情・感情認識AIを活用した即時フィードバックと、講師への個別コーチングで「オンラインスピーキング」の指導品質向上を目指す。

1 クイックレポート機能による講師への即時フィードバック

このシステムでは、レッスン中の講師の表情やジェスチャーをAIで解析して視覚化し、即時に講師にフィードバック。

その結果、講師はリアルタイムで自身の指導を客観的に把握し軌道修正することができる。

毎レッスン終了後にはクイックレポートが表示され、結果に応じたアドバイスを伝えることで、次のレッスンに向けて講師のモチベーションを高める(図:クイックレポートのメッセージ例)。

2 講師別の週次ログ分析による指導品質改善

レッスンの解析データは、講師単位でログとして蓄積し分析。

週次で自動分析を行い、改善が必要な講師にはトレーニング担当が個別指導を行う。

またパフォーマンスが高い講師のノウハウを講師組織全体に還元し、日々のレッスン品質を向上させている。

表情・感情認識AI導入の効果

講師からは「自分の表情を意識できるようになり、生徒がレッスンをより楽しんでくれ積極的に参加してくれるようになった」「自分の表情が生徒にどう見えるかがわかるので、すぐに改善できる」といった声があがっているという。

子どもにとっては、初めての外国人との英会話で緊張してレッスンに参加する人も多いなか、「先生が笑顔で楽しくレッスンしてくれるので、英語が好きになった」「先生がフレンドリーで優しいので、また受けたい!」などの声も増えており、生徒が講師に親しみを感じながら英語を学ぶことができる環境作りにも効果がみえているようだ。

今後に向けては、このシステムを講師の指導品質改善・向上に限らず、子どもへのサービス拡充にも活用することを検討しているという。

同社はこれからも「オンラインスピーキング」が子どもの英語力を引き上げるサービスとして提供できるよう、AIと人の力を組み合わせながら、サービスの改善に努めていく。

「オンラインスピーキング」について

外国人講師による完全個別指導の英会話レッスン(有料オプション)。

「進研ゼミ」の受講費内サービス「Challenge English」とカリキュラムが連動している。

「Challenge English」で身につけた単語やフレーズを実際に使う体験を通じて、子どもの「伝わる喜び」と「英語で伝えたい」気持ちを引き出しながら英語を使いこなす力を育てる。

Challenge Englishについて

累計利用者数100万人突破(2022年3月現在)※の、「進研ゼミ」の受講費内で提供する英語学習サービス。

めざすゴールと自分のレベルに合った個別カリキュラムで、AIを使ったデジタルレッスンを自分のペースで繰り返し学習できるから、「聞く・読む・話す・書く」の4つの技能をバランスよく伸ばせる。

※2015年3月~2022年2月に<Challenge English>でアプリのトレーニングに取り組んだ人の累積人数。「進研ゼミ小学講座・中学講座・高校講座」の有料オプション講座および「進研ゼミ」各講座に含まれるサービスの合算数値。2019年4月より進研ゼミ会員は追加受講費無料で利用可能となったため、それ以前の有料サービスのときの利用者数と合算した累積人数になる。