コロナ禍のキャリア教育調査、80%以上の中学校が悪影響があったと回答 エナジード調べ

キャリア教育教材や法人向け人材育成サービスを提供している株式会社エナジード(本社:東京都新宿区、代表取締役:氏家光謙)は、全国中学校のコロナ禍におけるキャリア教育の変化について実態調査を実施し、結果を発表した。

全国中学校のコロナ禍におけるキャリア教育の変化に関する実態調査 結果概要

ポイント

  • 株式会社エナジードがコロナ禍のキャリア教育の変化に関する実態調査を実施し、108校からの回答結果をまとめた。
  • 80%以上が新型コロナによる悪影響を感じており、特に「学外との関わり方の変化」が体験学習を重視するキャリア教育への影響は大きかったよう。
  • 新型コロナの影響で既に62%が「変更済み・変更予定」だが28%は未だに「変更を検討中」で、2年経った今も現場には混乱が残っている。

その他、8つの設問に対する回答データや、各校の具体的な対応事例などをまとめたレポート資料は、専用ページより問い合わせ可能。

調査背景

新型コロナウィルスの流行により、この2年で様々な変化が起こった。

中学校の“総合的な学習の時間”におけるキャリア教育では、それまで多くの学校が「職場体験」を実施しており、学外との直接的なコミュニケーションを前提としていた為、変更を余儀なくされた。

キャリア教育教材を提供している同社には関連する問い合わせが2022年2月の現在も続いており、この実態や問題をより的確に把握し、学校へ適切な情報提供をすべく実態調査を実施するに至ったという。

結果概要

  • 97.2%の学校が、新型コロナウィルスの流行はキャリア教育の授業に影響を及ぼした、と回答。
  • その内、82.7%は悪い影響であると考えており、大きな要因は「学校と学外の関わり方の変化」だった。
  • 新型コロナウィルス流行の影響をうけて、キャリア教育の授業内容を「既に変更した・変更内容が決定済み」と回答したのは62.0%で、「変更予定だが内容は未定・変更するか検討中」と回答したのは28.7%だった。
  • 更に、既に変更した学校の多くは、現在も工夫を重ねて職場体験・職業講話・職業調べを実施しており、合計で79.1%。

その他、8つの設問に対する回答データや、各校の具体的な対応事例などをまとめたレポート資料は、専用ページより教育機関向けに調査結果レポートを公表されている。

調査概要

  • 調査件名:コロナ禍で変化するキャリア教育の実態調査
  • 調査対象:全国の公立・私立中学校 総合的な学習の時間 担当主任
  • 有効回答:108校
  • 調査期間:2022年2月8日〜2月16日
  • 調査目的:キャリア教育に情報を役立ててもらうこと