『スタディサプリ』卒業する全国の18歳が答えた正解のないテスト「18の問い」を公開

株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村 吉弘、以下リクルート)が提供するオンライン学習サービス『スタディサプリ』は、卒業を迎える全国の高校3年生に向けたメッセージ企画「18の問い」を公開した。

全国の高校3年生に向けたメッセージ企画「18の問い」概要

企画背景

答案用紙

『スタディサプリ』は今年度も多くの受講生に利用され、卒業という節目の季節を迎えた。

リクルートは『スタディサプリ』を通じて、未来への門出でもあるこの大切なひとときに、これまでの学校生活を振り返りながら自分と向き合い、一人ひとりが輝くFollow Your Heartが実現する世界を応援したいという想いから「18の問い」を企画した。

価値観や未来について考える18個の問いをオリジナルで作成。

「高校3年間でやり残したことを述べよ。」「学校で学んだ、勉強より大切なものを答えなさい。」など、これまでの学校生活を振り返る問いから「これからのインターネットに必要なものを答えなさい。」「絶対になりたくないのは__な大人だ。下線部を埋めなさい。」などいまの価値観や未来へ思考を巡らせる問いが用意されている。

この問いに、2022年3月に卒業を迎える高校3年生約450人に実際に答えてもらった。

変化の時代を過ごした生徒ならではの答えや、未来を前向きに捉える答えなど多種多様で、ムービーを通じて多くの人々にいまの18歳の価値観や考え方を届ける。

「18の問い」特別ムービーができるまで

ムービーは、少子化によって生徒数が減少傾向にある愛媛県立今治西高等学校伯方分校から始まり、全国各地の授業の様子や「18の問い」に解答している生徒の様子が続く。

この正解がない「18の問い」に、すんなり書ける生徒もいれば、悩み込む人もいた。

一人ひとりが自分なりの答えを、導き出していく様子が印象的な撮影現場だったという。

ムービーで紹介しきれなかったさまざまな答えは、企画サイトで紹介されている。

卒業生たちの答え(一部抜粋)

問い 卒業しても、忘れたくない光景を答えなさい。

「みんなで悪知恵を働かせているところ」
「休憩時間くだらない事で爆笑したこと」
「部室で友達の漫画にアドバイスした、高校生活1番の青春」
「最後の試合で負けた時の光景」
「高校の渡り廊下から見える風景」

問い 学校で学んだ、勉強より大切なものを答えなさい。

「いつも誰かに見守られている喜び」
「あきらめない気持ち」
「辛い時も楽しい時も一緒にいてくれる友達」
「生きるということ」

問い あなたのひそかな野望を答えなさい。

「でっかい骨付き肉を喰らうこと」
「世界中で自分が作った鉄道車両を走らせたい」
「オーロラがみたい」
「彼氏と大学卒業するまでずっと仲良しでいること!」
「誰かの人生を大きく変える人になりたい」

協力した先生のコメント

愛媛県立今治西高等学校 伯方分校 /3年団

残された高校生活を、有意義に過ごしてほしい。

そういった願いから、私たちの学校では昨年の12月に、3年生全員で「18の問い」に取り組みました。

正解のない問題に対して、生徒1人1人が懸命に書いた答えはどれも輝いており、全員の回答用紙に3年団からのメッセージを書き込んでから返却をしました。

そこから3か月。3月1日に卒業式を迎えました。

卒業に向けて、それぞれがより深く考え、行動できたのかもしれません。とてもいい表情で、最後の日を迎えることができました。

これからも、色々な問いが生徒たちを待ち受けていると思いますが、自分らしく胸を張って、前に進んでいってほしいと思います。

『スタディサプリ』について

“世界の果てまで、最高の学びを届けよう”がコンセプトの『スタディサプリ』は、サービス累計有料会員194万人(2020年度)が利用するオンライン学習サービスで、データ・テクノロジー・人の力を融合した新たな学び体験を世の中に提案・提供している。

実力派講師陣による小学校高学年から大学受験生までの5教科18科目、4万本以上の講義動画が月額2,178円から見放題、オンラインコーチングサービスも展開している。

学校教育のサポートツールとしても、基礎知識学習から、進路選択、非認知能力育成までを提供、高校を中心に導入が進み、全国約5,000校のうち2,998校で導入されている。