授業支援クラウド「ロイロノート・スクール」1日の利用者数200万人を突破

株式会社LoiLo(本社所在地:神奈川県横浜市中区北仲通4-40 商工中金横浜ビル5階、代表:杉山浩二)は2月9日(水)に、授業支援クラウド「ロイロノート・スクール」の1日の利用者数が200万人を突破したことを発表した。

1日の利用者数の推移

GIGAスクール構想が発表された2019年12月以来、ロイロノート・スクールの1日の利用者数が急激に増加。

2019年12月と比べると、2022年2月の段階で約20倍にあたる200万人の利用者数を記録している。

200万人という値は、日本の小学生から高校生までの児童・生徒、教員数の合計1300万人のうち、15%にあたる。

これらの数字から、GIGAスクール構想や、コロナ休校にともなうオンライン授業の実施などを背景に、ロイロノート・スクールの利用が爆発的に広がっていることが明らかになった。

2022年2月の使用頻度

2022年2月の使用頻度

使用頻度についても54.8%がほぼ毎日(週に4日以上)ロイロノート・スクールを使用していることがわかった。※ 同社調べ

​GIGAスクール端末の利活用促進に悩む自治体も多い中、ロイロノート・スクールを導入する自治体・学校様では、GIGA端末が授業で活用されていることがわかる。

高い利用率の理由として、導入自治体や教育現場からは「操作が簡単で児童・生徒、先生にとって使いやすい」「双方向のやりとりがしやすい」「授業データを振り返りやすい」などがあげられているという。

LoiLoはこれからも、1人1台時代を支える教育企業として、児童・生徒、先生の学びに貢献できるよう、さらに使いやすく学びに役立つ製品づくりに努めていく。

ロイロノート・スクールについて

ロイロノート・スクールは、教育1人1台時代、生徒の主体性を育み、双方向授業を作り出す授業支援クラウド。

小学校から大学まで、すべての授業で使える。

資料のやりとり、思考の可視化、意見の共有が直感的にできるため、子どもたちが自ら考え表現する協働的な学びや、教員の負担軽減につながる。

個別最適化された学びづくりや遠隔での学習にも効果を発揮。

マルチプラットフォームに対応しており、どんな端末でも利用可能。

1日200万人以上に利用されており、国内外1万校に導入されている。

【教育委員会・指導主事限定】オンライン勉強会について

3月12日(土)教育委員会・指導主事を対象に、自治体でのICT活用について学ぶオンライン勉強会「GIGA語ろう!」を開催する。

以下のページより申し込み可能。 ※ 申込締切は3月11日(金)正午まで。