IndeedとWaffle、 IT/テック分野の進学・就職を目指す女子学生向けキャリア応援イベントを3月24日に開催

求人検索エンジン 「Indeed (インディード)」の日本法人であるIndeed Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:大八木 紘之、以下Indeed)は、3月8日の「国際女性デー」を機に、IT分野のジェンダーギャップの解消を目指す一般社団法人Waffle(東京都渋谷区、代表理事:田中沙弥果、共同代表:斎藤明日美、以下Waffle)とともに、IT・テクノロジー分野で活躍する女性の働き方やキャリアの描き方を伝える女子中高生向けのキャリア応援イベントを3月24日(木)に開催することを発表した。

イベント開催概要

IT・テクノロジー分野は近年急拡大しているが、OECDが2021年9月に発表した「図表で見る教育OECDインディケータ(2021年版)」によると、日本の大学などの高等教育機関においてSTEM分野に占める女子学生の割合は低く、特に工学、製造、建築を専攻した女性は16%とOECD加盟国の中で最も低いことがわかっている。

また、2018年に実施したOECD生徒の学習到達度調査「PISA2018」によると、数学・科学分野で上位層の学生においてICT関係の職業に就くことを期待している女子生徒は約3.3%にとどまり、男子生徒の約10%を下回るなど、日本のIT・テクノロジー分野にはジェンダーギャップの課題があることがわかる。

HRテクノロジー分野で事業を展開するIndeedでは、多くの女性従業員がエンジニアリングやプロダクト開発などのIT・テクノロジー分野で活躍している。

また、Indeedでは職場の差別や偏見をなくすために従業員が自主的に運営するインクルージョンリソースグループ(IRG)があり、そのうちの一つである「Women at Indeed」は、職場における女性の活躍を支援する従業員グループとして、Indeed社内外に向けたアドボカシー活動を行なうなど、ジェンダーギャップの課題解決に向けた様々な取り組みを行っている。

女性がテクノロジーやプログラミングへアクセスする機会を増やすための活動として、女性開発者を対象としたプログラミングコンテスト「Women Coders Contest Indeed※3」を開催しており、2021年には日本でも初めて実施した。

今回実施するキャリア応援イベントには、Indeedでプロダクトリード、ソフトウェアエンジニア、UXデザイナーとして働く女性3名が登壇し、女子中高生に向けて日々の業務や自身のキャリアについて話す。

女性比率の少ないIT・テクノロジー分野において、女性のキャリアを考えるきっかけを提供したいと考えているという。

Indeedでは、「We help people get jobs.」をミッションとし、仕事探しにおけるバリアをなくし、あらゆる人々が自分に合った仕事が見つけられる社会の実現を目指している。

このイベントを通じて、IT・テクノロジー分野における女性のキャリアの可能性を示すことで、IT・テクノロジー分野に興味を持つ女子中高生が抱く疑問や不安を解消するとともに、仕事探しにおいて存在しうるバリアを解消する一助になりたいと考えているという。

開催日時

2022年3月24日(木)11:00~12:00

実施形式

オンライン(Zoom)

主な参加対象

13歳〜18歳の生徒・学生で、女性およびからだの性を問わず、女性アイデンティティをもつ人、ノンバイナリー、GENDER NONCONFORMINGなど。

参加費

無料

登壇者

  • Indeed
    • イエミントン圭見(インターナショナル プロダクト リード)
    • 王フォンダ(ソフトウェア エンジニアリング マネジャー)
    • 松永美佳子(UXデザイナー)

内容

  1. IT・テクノロジー分野で活躍するIndeed女性社員によるトークセッション
  2. 質疑応答

職場における女性の活躍支援グループ「Women at Indeed」について

Indeedでは、職場の差別や偏見をなくすために従業員が自主的に運営するインクルージョンリソースグループが数多くあり、積極的に活動を行っている。

その中の一つである「Women at Indeed」には、世界で13か国1,800名以上が参加し、ジェンダー格差を解消し、男女共同参画を実現するために、様々な取り組みを行っている。

「Women at Indeed」の取り組み(一例)

  • アドボカシー活動(社員向けのニュースレター発行・従業員向け研修やワークショップの開催)
  • プログラミングコンテスト「Women Coders Contest Indeed※」の実施

※「Women Coders Contest Indeed」とは、Indeedが主催する女性プログラマー向けのプログラミングコンテスト。2021年9月にはインド、シンガポール、日本在住のすべての女性を対象にした「Women Coders Contest Indeed 2021」が開催され、日本からは91名がエントリーした。

一般社団法人Waffle(ワッフル)について

  • 団体名:一般社団法人Waffle
  • 共同代表: 田中 沙弥果、斎藤 明日美

Waffleは、IT分野のジェンダーギャップの解消を目指す非営利法人。

国内の女子中高生向けにオンラインIT(コーディング)コース「Waffle Camp(ワッフル・キャンプ)」の提供や、日本国内での「Technovation Girls(テクノベーション・ガールズ)」の出場サポート、企業との協働による各種イベントを開催している。

また「第5次男女共同参画基本計画素案」に対するパブリックコメントなど、政策提言も積極的に行っている。

2020年第4回ジャパンSDGsアワード「SDGsパートナーシップ賞」受賞。2017年活動開始(2019年法人化)。