学習塾特化型SaaS「Comiru」運営のPOPER、オウンドメディア「Comiru Magazine web」を公開

学習塾特化型SaaS「Comiru」を提供する株式会社POPER(本社:東京都中央区、代表取締役:栗原慎吾)は、学習塾関係者向けのオウンドメディア「Comiru Magazine web(以下、コミマグ)」を2月22日に公開したことを発表した。

「Comiru Magazine web(コミマグ)」とは

明日の塾経営につながる

全国の学習塾関係者に向けて、読んですぐ「明日の塾経営」に役立つ情報をテーマに情報発信を行うメディア。

大手学習塾・個人塾の現役経営者や元経営者など、塾経営の経験を持つ複数の専門家が「コミマグアドバイザー」として監修した、質の高いコンテンツを提供する。

「塾経営」「運営/業務」などの経営者に向けたテーマから「教務」「保護者コミュニケーション」など現場の講師が留意するべきテーマまで、幅広いトピックに関する取材記事・コラムを無料で公開。

さらに会員登録者に対しては、過去のセミナー動画の視聴や会員限定のオリジナルコンテンツを公開する。(※会員登録は無料)

ローンチ背景

日本の学習塾の市場規模は約1兆円と言われており、全国で約47,000教室にも上る。

その数は大手コンビニ3社を合計した店舗数に匹敵する数字であり、学習塾に従事する人が多く存在することがわかる(出典:「平成30年特定サービス産業実態調査報告書 学習塾編」 )。

しかし学習塾運営者に特化した情報を発信しているメディアは極めて少なく、塾経営者・講師は情報収集に難航しているのが現状である。

特に中小規模の個人塾関係者は、業務に手一杯かつ他塾経営者とつながりが少ないため手探りで経営を行っている人も多くいる。

そこでPOPERはツールだけではなく情報面でも学習塾関係者をサポートしていきたいという想いから、塾経営に関する情報をまとめたオウンドメディア「コミマグ」を公開することに至った。

今まで配信していた学習塾向けセミナーやホワイトペーパーに加え、今まで紹介が難しかった細かいトピックまで発信し、学習塾関係者に役立つ情報を届けていく。

コミマグアドバイザー

多田 昭寛 先生(関東学習塾勉強会主催 個別指導研究会代表)

大手進学塾専務、 大手塾顧問を歴任すると同時に、個人塾・小規模塾の勉強会を開催。

現在も、全国各地の学習塾の顧問を務める など精力的に活動。

森 智勝 先生(塾生獲得実践会 全国学習塾援護会 主宰)

塾経営を経て、塾専門のマーケティング勉強会(塾生獲得実践会)を設立。

机上の空論ではなく、現場主義を貫くマーケティング手法を全国の塾に提供している。

峯 岳徳 先生(学習塾経営アドバイザー)

2020年10月にPOPERにExecutive Advisorとして参加。

塾生数万人の大手学習塾の元代表取締役社長。10年間教師、地区責任者として、年間退塾率・中3⇒高1持ち上げ率・合格率・持ち生徒数・生徒数増加率・授業支持率でTOPを獲り続け、1999年に役員就任後10万件の知とメソッドの共有を推進し、塾全体の退塾者数を激減・中3から高1への学部間の継続を劇的に伸長させる。

塾経営への深い分析で今後のあるべき姿の知見を有す。

大澤 一通 先生(学習塾経営アドバイザー)

2002年に関西の大手塾に入社。個別指導部責任者を経て2009年に取締役に就任。

コーチングをベースにした教授法、保護者面談、マネジメントを自ら実践すると同時に社内研修を担う。

子どものやる気を引き出す親の関わり方を中心にPTA主催の講演会の講師を務める。アクティブラーニング型授業の実践をテーマにした指導者研修を全国の学校・学習塾で展開。民間企業の管理職を対象としたマネジメント研修も手掛ける。

大学生講師の戦力化研修プログラムの開発、評価制度の構築、保護者会を活用した意図的な口コミの創出を得意とする。

安多 秀司 先生(株式会社リアル・パートナーズ 代表取締役/株式会社個別教育フォレスト 代表取締役)

ゴールフリー、スタンダードカンパニーを経て独立。個別教育フォレストを開校。

個別指導歴20年。自塾を運営する傍ら、全国各地で個別指導塾の経営コンサルティングやセミナー登壇などにも精力的に取り組んでいる。

新田 安弘 先生(エヌラボスタディ塾長)

家庭教師を経験後、大手学習塾で勤務。

生徒成績部門で1位を獲得し、後に独立。エヌラボスタディを立ち上げる。

その後、オンラインでの塾運営にも可能性を感じ、対面授業から完全オンライン授業への転換に成功。

現在は、拠点を東京から鹿児島に移して運営している。

Facebookグループ「コミラボ」について

Comiruからの情報発信だけではなく、塾・スクールの先生同士でも情報交換をしてほしいという思いからFacebookグループ”コミラボ”の運営も開始している。※参加は承認制。

コミマグアドバイザーの一部の先生もファシリテーターとして参加しており、日々多くの先生と情報交換をしている。

Comiruを運営する株式会社POPERではミッションに掲げている「『教える』をなめらかに」という想いのもと、Comiruというツールの提供だけにとどまらず、ナレッジの発信や情報交換の場を作るなど、多方面でも学習塾の先生をサポートできるように進化を続けていく。

「Comiru」について

塾業界シェアNo.1(※1)!学習塾専用コミュニケーション&業務管理システム

Comiruは、塾業界シェアNo.1(※)を誇る、学習塾専用コミュニケーション&業務管理システム。

教育事業者の業務の約7割を占めると言われるバックオフィス業務の効率化や、Comiru専用アプリとLINE(※2)連携などによる保護者とのコミュニケーション面強化に役立つ。

※1 デロイトトーマツミック経済研究所「ミックITリポート2021年2月号」
※2 LINEは、LINE株式会社の商標または登録商標。

関連サービス

Comiru以外にも、オンライン授業ツールの「ComiruAir」や、講師労務管理・講師向けのコミュニケーションツール「ComiruHR」、学習塾の本部機能をサポートする「ComiruPRO」も提供している。

Comiruと併用することで、塾・スクール経営のさらなる生産性向上や生徒の学力向上を支援する。