AI教材「すらら」、高校生版において「古文・漢文」範囲と「理科・社会」をリリース

株式会社すららネット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:湯野川孝彦)は、提供サービスである「すらら」「すららドリル」「ピタドリ」の高校生範囲において、古文・漢文範囲の追加リリース、新たに「理科」「社会(ドリルのみ)」をリリースしたことを発表した。

まずは古典文法の単元にあたるコンテンツを提供し、今後2022年夏ごろにかけ、漢文句法、古文読解、漢文読解のコンテンツについても順次提供していくという。

「高校理科」の「すらら」コンテンツは、従来の「すらら」と同様に「レクチャー」⇒「ドリル」の流れで知識ゼロの状態からでも体系的な学習をすることができる。

また、抽象的な概念を理解することに重点を置いており、最終的に暗記に頼らない力を習得することができる構成となっている。

すららの古文・漢文範囲の追加リリースについて

今回リリースされた「高校古文・漢文」コンテンツでは、基礎となる文法・句法をスモールステップで確実に理解することを重視している。

そのうえで、文法・句法の知識を読解の中で活かせるように、段階的に練習していくカリキュラムとなっている。

古文単語や古文常識などもアニメーションで楽しく記憶に定着させていくつくりにしており、ゴロ合わせなどの無理な暗記に頼らず、古文・漢文の本質的な面白さを感じながら学べるコンテンツになっている。

また、すららネットが提供するコンテンツとして初めて「ユニバーサルデザインフォント*」を使用し、誰にでも見やすく、学びやすいコンテンツを目指している。

日常学習や定期テスト対策に活用することはもちろん、ゼロから体系的に学ぶことができることから受験対策の基礎固めにも有効。

既存の教材で古文・漢文がつまらない、わからないと感じている高校生でも楽しく学べるよう、キャラクターがアニメーションで詳しく丁寧に解説されている。

たとえば、古典文法における助動詞を学ぶ単元では、それまでに学習した他の助動詞の復習をおりまぜ、関連付けながら使用する場面の違いを解説。

これにより読解問題においても助動詞の意味から文脈をとらえることが容易になる。

また敬語を学ぶ単元では、イラストを多用し、複数の意味をもつ敬語動詞の本質的な意味をイメージで把握したり、複雑な敬語表現を視覚的に理解したりできるように解説されている。

ユニバーサルデザインフォント:「誰にとっても見やすく読みやすい」ことをコンセプトに開発されているフォント。可読性や視認性、判読性が高くなるようにデザインされている。

新たにリリースされた、すらら「理科」「社会(ドリルのみ)」について

「高校社会」は一問一答形式ドリルの提供となるが、基本的な語句を解答させるだけではなく、近年の共通テストで出題されるような、図版から読み取る問題や正誤問題、包括的な思考力を問う問題も多く取り入れている。

日常学習や定期テスト対策に活用することはもちろん、ゼロから体系的に学ぶことができることから大学受験対策の基礎となる知識・技能などを身に着けることができる。

たとえば、多くの高校生が苦手意識をもっている理科の「物理分野」では、公式の暗記に頼らず、概念の理解を重視した構成となっている。

「なぜそうなるのか」をアニメーションとやさしいナレーションで学べるため、知識のほぼない状態からでも理解ができるような構成となっているという。

「化学分野」ではリアルな実験を再現。ユーザーは画面上で手を動かしながら、実際の実験に近い体験をすることができる。

同時に解説も聞くことで、実際の実験で得られる発見やおどろきを体感しながら楽しく学べる。

すららネットは今後もコンテンツの拡充や新サービスの拡大を図り、多様化する教育業界をサポートするとともに、学習者に新しい学習体験を届け、「大人になっても役に立つ真の学力」と「努力をすれば結果が出るという自信」を提供していく。

AI×アダプティブラーニング教材「すらら」について

「すらら」は、小学校から高校までの国語、算数/数学、英語、理科、社会5教科の学習を、先生役のアニメーションキャラクターと一緒に、一人一人の理解度に合わせて進めることができるアダプティブな e ラーニング教材。

レクチャー機能、ドリル機能、テスト機能により、一人一人の習熟度に応じて理解→定着→活用のサイクルを繰り返し、学習内容の定着をワンストップで実現できる。

初めて学習する分野でも一人で学習を進めることができる特長を生かし、小・中・高校、高等教育機関、学習塾をはじめ、放課後等デイサービス等においても活用が広がっている。

※「ピタドリ」「すららドリル」は「すらら」の姉妹サービス。