マイナビのオンライン学習サイト『locus』とテレ東の経済動画配信サービス『テレ東BIZ』が共同実証実験開始

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:土屋芳明、以下マイナビ)が運営する高校生向けオンライン学習サイト『locus(ローカス)』は、株式会社テレビ東京(本社:東京都港区、代表取締役社長:石川一郎、以下テレビ東京)と、高校生を対象とした探究学習や進路選択・キャリア開発に関する共同実証実験を開始したことを発表した。

『locus』とテレビ東京の共同実証実験概要

学習指導要領の改訂によって、2022年度から高等学校の「総合的な学習の時間」が「総合的な探究の時間」に変わる。

この必修科目では、課題発見から解決までの能力や主体的な学びを育むことに加え、将来に向けた自己理解やキャリア開発のための学習活動を行う。

また、文部科学省は小中学校に向けて「児童生徒1人1台端末」と、高等学校を含めて「学校における高速大容量のネットワーク環境の整備」を行い、子どもたちに教育 ICT 環境を実現する「GIGAスクール構想」を2023年に完了することを提唱した。

しかし、コロナ禍をきっかけに「GIGAスクール構想」の実施が前倒しされ、2021年7月末時点ですでに、小中学校がある1,812の自治体の96.1%※が教育用端末の提供を完了している。

また、小中高等学校がある1,815の自治体においては、98.0%※が校内通信ネットワーク環境の設備を完了しており、映像授業を行うためのデジタル教材の必要性が急速に高まっている。

※文部科学省「GIGAスクール構想に関する各種調査の結果

これらの背景から、高校生向けオンライン学習サイト『locus』は、より質の高いプログラムの提供を目指すため、テレビ東京が運営する経済動画配信サービス『テレ東BIZ(テレトウビズ)』と連携し、ニュースや報道ドキュメンタリー番組を活用した探究学習の教育プログラムの共同実証実験を行う。

『locus』は、地域や企業を題材にした探究学習の機会を提供し、将来のキャリアを見据えた学部・学校選びを促進する高校生向け総合オンライン学習サイト。

ネームバリューや企業規模に左右されない就職時の企業選択や、将来的な地域への人材還流と定着を目指している。

『テレ東BIZ』は、2012年から約10年分、およそ6万本以上の経済ニュースが見られる日本最大級の経済動画配信サービス。

「WBS(ワールドビジネスサテライト)」「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」など、わかりやすい解説と豊富なデータ、そして各地域、業界に深く入り込んだ情報発信に定評がある。

今回の共同実証実験で『locus』は、『テレ東BIZ』の動画コンテンツを活かした新たな探究学習の教材開発を進め、両社で教育や地域の未来に貢献していく。

関係者コメント

株式会社マイナビ 未来応援事業本部 高校支援locus推進部 部長 天本貴之氏

高校の現場から「総合的な探究の時間」での課題設定、解決が難しいというご相談を多く受けております。

「総合的な探究の時間」必修化に伴い、生徒は情報を収集し取捨選択する能力が必要です。

実社会に存在する課題や解決策を参考に、先ずは自分の中でそれらを組み合わせて考えてみるというスキルを高められるよう、サポートしてまいりたいと思います。

この実証実験が、高校生の皆さんの成長の一助になれば幸いです。

テレビ東京・配信ビジネス局「テレ東BIZ」担当 部長 久保井恵一氏

私が報道局で番組を制作していた際、放送後に「学校の授業で番組映像を使いたい」「社内の研修で番組シーンを映像で見せたい」というありがたい声を多数いただきました。

テレビ東京で取材・放送した番組は経済の現場の生々しいリアルなシーンが映し出されています。

そうしたコンテンツを学生の皆さんにお伝えする機会があれば…という思いが今回初めて形となりました。

この学習プログラムによって、日本各地の学生の皆さんが「生きた経済情報」を学び、将来の地域経済を支える一助に繋がれば幸いです。