芝浦工業大学と追手門学院大学、「大学におけるDX推進シンポジウム」を3月8日にオンライン開催

芝浦工業大学(東京都港区/学長:山田純)と追手門学院大学(大阪府茨木市/学長:真銅正宏)は、3月8日に「大学におけるDX推進シンポジウム」をオンラインで開催することを発表した。

「大学におけるDX推進シンポジウム」概要

両大学は2021年、それぞれ国の「デジタルを活用した大学・高専教育高度化プラン」事業に採択された。

これによってコロナ前から進めていたデジタル技術とICTによる教育改革をさらに加速している。

シンポジウムでは両大学副学長らによるDXの進捗報告に合わせ、ICTを活用した最先端の教育現場の事例を紹介する。

芝浦工業大学の取り組み

アートボード 1.png

”学生の学びの心に火をともす”ラーニングアナリティクスによる教育改革

2027年の創立100周年へ向けた5つの取り組み「Centennial SIT Action」。

その一つ「理工学教育日本一(教育)」において、アップグレードした学修支援システムや教室に設置したデバイスから、「学修ログ」をデータストアで統合的に記録・管理。

その膨大な教育ビッグデータを蓄積、分析・活用し、エビデンスベースの教学マネジメント(大学全体・学位プログラム・授業科目の各レベル)をより強化する。

▶参考:2021.03.12 文科省「デジタルを活用した大学・高専教育高度化プラン」に採択されました ―「Centennial SIT Action」をDXで推進―|芝浦工業大学|

追手門学院大学の取り組み

アートボード 1 (2).png

統合プラットフォーム構築とAI–ティーチングアシスタントの導入による学修者本位の教育の実現~OIDAI WIL Plus MATCHによる教育の高度化~

各学習支援システムで蓄積された学修ログを統合し、AI解析により学修成果を可視化することで、学生個人に最適な教育を提供する環境を構築する。

それにより、同学独自の「行動して学び、学びながら行動する」学修スタイルと、ICT等を活用し教育効果を最大化する教育手法を高度化し、学修者である学生本位の教育を推進する。

▶参考:
2021.03.12 [関西中規模私大で唯一] 文科省DX教育高度化事業で選定されました|追手門学院大学|
2022.01.20 教育DXに関する真銅正宏学長インタビュー記事|追手門学院大学|

「デジタルを活用した大学・高専教育高度化プラン」事業とは

大学・高等専門学校においてデジタル技術を積極的に取り入れ、「学修者本位の教育の実現」、「学びの質の向上」に資するための取組における環境を整備し、ポストコロナ時代の高等教育に求められる教育手法を具体化し、その成果の普及を図ることが目的。

2021年1月15日から2月1日に公募し、大学などから252件の申請があったなか、54件の事業が選定された。

予算規模は、令和2年度第3次補正予算で60億円を計上。