筑波大発ベンチャーのリーバーがLITALICO・CBC等6社から資金調達、累計調達額10億円を突破

株式会社リーバー(茨城県つくば市、代表取締役:伊藤俊一郎)は、株式会社LITALICO、CBC株式会社、株式会社常陽キャピタルパートナーズなどの6社から融資を含む資金調達を実施し、累計調達金額が10億円を突破したことを発表した。

引き続き2022年8月末まで資金調達を実施していく。

資金調達の概要

背景と目的

同社は、医療相談アプリ「リーバー」によるサイバーホスピタルの実現に向けた開発を加速するために、シリーズBラウンドの資金調達を実施。

この資金調達によって、医療相談アプリ「リーバー」の提供体制をより一層強化し、感染症の発生状況を調査・集計することにより、感染症の蔓延と予防に役立てる「感染症AIサーベイランス」※の実現を図る。

※学校保健領域において毎日収集される健康観察データをもとに、クラスター発生を予測し、早期の対策によってクラスター発生を予防するシステム。

シリーズBラウンドの主な目的

  • 感染症AIサーベイランスの開発にかかる開発費及び共同研究費
  •  医療相談アプリ「LEBER」の提供体制の拡充
  •  医療相談アプリ「LEBER」の本格的拡大のための人材採用

引受先からのコメント

株式会社LITALICO 代表取締役社長 長谷川 敦弥 氏

世界的に大きなパラダイムシフトが起きている中で、人々の健康を支える新しいインフラを創り出せるチームだと感じ、この度出資をさせていただきました。

LITALICOは障害のある方の支援をはじめ、学校向けにもサービスを提供しておりますが、「健康」はすべての根本であり、今後の学校現場において教育、医療、福祉がシームレスに連携することで、子どもたちの心と体の健康を支える仕組みが求められていると考えています。

社会に求められるサービス作りを次々と進めていらっしゃる代表伊藤様をはじめ、新たな時代の生活基盤となるプロダクト開発を目指すLEBERチームを、これからも応援させていただきます。

CBC株式会社 執行役員 家田 治郎 氏

「いつでも。どこでも。誰にでも。」最高の医療を届けるための遠隔医療相談サービスの普及に取り組まれているリーバー社に出資させて頂けることになり光栄に感じております。

当社は、これまで人々の豊かな暮らしに欠かすことができない「健康」「安全」「利便性」を提供することを目的に、多様な事業展開を行ってきました。

今後は、リーバー社のサービスの利用拡大に向けた支援を行い、より豊かに暮らせる社会の実現に貢献してまいります。

株式会社常陽キャピタルパートナーズ 代表取締役 河内 潤 氏

当社は、「地域社会への貢献につながる投資」を理念として掲げ、ファンドを通じ企業の持続的成長をお手伝いさせて頂く常陽銀行100%出資の投資専門会社です。

リーバー社のサービス機能は、現在のコロナ禍下において既に地元茨城県の多くの学校や法人に活用されており、安心と安全を提供する役割を発揮しています。

「いつでも。どこでも。誰にでも。」一人でも多くの方に適切な医療が行き渡る社会の実現を期待しております。

医療相談アプリ「LEBER(リーバー)」について

24時間365⽇スマホで医師に相談ができるアプリ。

現在300⼈以上の医師が登録されており、外出⾃粛等により病院やクリニックに⾏きにくい人もアプリを通じて医師に気軽に相談することができる。

⼀般向け医療相談アプリ「LEBER(リーバー)」に加えて、教育機関に毎⽇の検温結果と体調、出⽋席の報告ができる「LEBER for School」(6カ国語対応)、企業向けに検温・体調報告とストレスチェックを組み合わせられる「LEBER for Business」(6カ国語対応)も全国で導⼊拡⼤中。

政府は、職場や学校等におけるクラスターの大規模化および医療のひっ迫を防ぐ観点から各職場・教育現場での毎日の健康状態を把握するため「健康観察アプリ」の導入を検討したうえで、利用するアプリを選定し、毎日の利用する旨、対策の実施を求めている。