ベルリッツ・ジャパンとRISU Japanが連携、子ども向け英語レッスン動画サービス「ハロー! ベルリッツ」を提供

語学、留学、グローバル人材育成に関わるサービスを提供するベルリッツ・ジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役社長 松尾 茂樹、以下ベルリッツ)と、タブレット教材「RISU算数」などを展開するRISU Japan株式会社(東京都文京区、代表取締役社長 今木 智隆、以下RISU Japan)は、新学習指導要領にもとづく小学校での英語教育の早期化を背景に、子ども向けの英語力を育成支援する英語レッスン動画サービス「ハロー! ベルリッツ」を開発、2022年2月10日(木)より提供開始することを発表した。

「ハロー! ベルリッツ」とは

ベルリッツとRISU Japanが共同開発する「ハロー! ベルリッツ」は、 数学や科学に特化したSTEAM教育に沿った独自の英語コンテンツを使用。

ベルリッツの外国人教師による本格的なレッスンを通じて、英語を楽しく学べるレッスン動画である。

発音や表現のコツを学ぶことで、これからの小学生に求められる英語コミュニケーション力を身につけることを目指す。

小学校での英語教育が始まる以前に、英語に親しみ、楽しく英語を学ぶことや、苦手意識を克服することを目的とした教材である。

補足

  • 「RISU算数」会員は、申込み手続きもなく無料で、「ハロー! ベルリッツ」を視聴できる。
  • 「ハロー! ベルリッツ」受講会員は、ベルリッツの子ども向け英会話「ベルリッツ・キッズ」に入会する場合、入学金や教材費の特典が受けられる。

ベルリッツ、RISU Japan 業務提携の背景

2020年度の学習指導要領の変更にともない、小学校での英語の授業開始が、小学5年生から3年生へと早期化した。

教育内容も、従来の読み書き中心から、英語でのコミュニケーション能力を伸ばすため「話す」「聞く」に重点を置いた内容になっている。

このような背景により、ベルリッツの「話す」「聞く」に特化した語学学習の強みと、RISU Japanの「適切な学習内容とタイミングを兼ね備えるレッスン配信システム」を合わせ、学習意欲の高い小学校低学年の児童に向けて、より良い学習体験の提供のため、業務提携に至ったという。

ベルリッツとは

米国の創設から140 年以上の歴史を通して、個人のほか全世界で20,000 社以上の法人顧客がベルリッツで外国語を学んできている。

外国語を短期間で自然に修得できるその独自の教授法は、ベルリッツ・メソッド®とよばれ、教授法辞典にも紹介。

体系化された研修でメソッドを体得した教師陣の質は、世界で高く評価されている。

タブレット教材「RISU算数」とは

「RISU算数」は1人ひとりの学習データを分析し、最適な問題を出題するタブレット教材。

タイミングの良い復習や、つまずいた際には動画での解説の配信を行うことにより、苦手を克服し得意を伸ばす。

約8割の受講生が実学年より上のステージを先取りしており、難関塾模試での1位獲得や難関中学への合格者が続出している。