子ども向け金融教育ベンチャーMEMEとGMOあおぞらネット銀行が提携、子ども向けの金融教育サービスを22年夏頃に開始

株式会社MEME(東京都中央区、代表取締役・齋藤舞)とGMOあおぞらネット銀行株式会社(東京都渋谷区、代表取締役会長・金子岳人/代表取締役社長・山根武)は、子ども向けの金融教育サービスの提供を目的に業務提携したことを発表した。

MEMEとGMOあおぞらネット銀行 業務提携の概要

近年、デジタル技術の革新に伴う決済手段の多様化や、高等学校の家庭科の学習内容に資産形成が加わるなど、子どもに対する「金融教育」への注目度が高まっている。

特に、キャッシュレス決済の普及により、現金に触れる機会が減っていることで、子どもたちに「お金の流れ」や「お金の価値」などが見えにくくなっていることが課題となっている。

そこで、現在の生活様式に合わせた、お金の価値や適切なお金の使い方を学習することで、将来のお金のトラブルを防ぎ、人生100年時代に必要なお金を「貯める」「使う」「増やす」といった金融リテラシーを身につけることにつながるとして、子ども向け金融教育サービスの提供に向け、今回の業務提携締結に至ったという。

同社が2022年夏ごろに提供開始を予定している子ども向け金融教育サービス「manimo(マニモ)」は、GMOあおぞらネット銀行の「かんたん組込型金融サービス」を採用し、シームレスな支出管理をはじめ10歳から利用可能なデビットカードを用意するなど、親子で楽しみながら実体験を通してお金の学習ができるサービスの提供を目指す。

なおサービスの開始には、電子決済等代行業など必要なライセンスの取得が前提となる。

2022年夏ごろのアプリローンチに先駆け、一足早くアプリを試せ事前登録をmanimoサービスサイトにて2022年2月8日から開始する。

子ども向け金融教育サービス「manimo」について

同社が今年の夏ごろの提供開始に向けて準備中の金融教育サービス「manimo(マニモ)」は、お金の価値を学べる教育サービス。

このサービスでは、保護者から子どもへおてつだいの依頼(タスク管理)、おてつだい完了時のおこづかいの入金、実店舗やECサイトでのデビットカード決済、子どものおこづかいの支出管理を実際に体験することが可能。

このデビットカード決済に利用するデビットカードは、アプリから子ども用のデビットカードの発行を申込することで、10歳以上15歳未満の子どもにデビットカードを発行*する。

そのため、実際に「働き(おてつだいをする)」、お金を「稼ぐ」「貯める」「使う」「管理」するといった一連の流れを実践的に体験できるのが特徴。

保護者は自身のデビットカードを通じて、おこづかいやその他のお金を子どもに送る事ができ、子どもは現金の代わりに、自身の専用デビットカードと「manimo(マニモ)」アプリでお金を管理する力を養うことができる。

口座に入っている金額以上の利用ができないというデビットカードの特長に加え、アプリから決済上限額の設定をさらに細かく行えるため、使いすぎを防止しつつ安心して利用できる。

*デビットカードの発行には、子どもと紐づく口座をもつ親権者の口座開設審査が必要。

「manimo」で採用するGMOあおぞらネット銀行の「かんたん組込型金融サービス」

  1. 「manimo」アプリ内で、シームレスな支出管理を実現する参照系・更新系API
  2. 10歳以上15歳未満の顧客(子ども向け)専用デビットカードの発行
  3. 専用支店「マニモ支店」の開設

※本サービスの利用には、「manimo」サービスサイト、ならびに「manimo」アプリから、「manimo」サービス利用者向け専用支店「マニモ支店」での親権者および子どもの口座開設申込が必要。
※上記ビジュアルはイメージ。「manimo」アプリの実際のデザインは変更となる場合あり。