ストリートスマート、ICT教育をサポートする『master study』を提供開始

Google 社が提供するクラウドツール「Google Workspace™(旧:G Suite)」を活用した企業や教育機関のDXを支援する株式会社ストリートスマート(本社所在地:大阪府大阪市北区、代表取締役:松林大輔、下記:ストリートスマート)は、ICT教育を支援する『master study(マスタースタディ―)』の提供を2022年2月7日よりスタートすることを発表した。

『master study』とは

Google for Education™ を使ったICT教育を進める先生の「あったらいいな」が見つかる総合プラットフォーム。

「ICTの知識がない」、「準備時間がとれない」という人にも簡単に使用できるコンテンツを凝縮してまとめられている。

教員免許を持つ Google for Education のプロの監修のもと、実際の授業にすぐに取り入れられるコンテンツ集となっており、先生の”あったらいいな”を実現させたサービスである。

これまでは無償トライアル版を提供しておりましたが、2022年2月7日より正式サービスとして提供を開始する。

また、2022年春頃からは有償版の提供を開始予定。

有償版では、今まで以上に利用できるコンテンツが増える予定。なお、2022年春頃までは今後有償となるコンテンツも無償で利用できる。

サービス開始の背景

ストリートスマートでは、Google 社が提供するクラウドツール「Google Workspace(旧:G Suite)」の導入支援を行っている。

今までは全国の教育機関に向けての導入のトレーニングや、ICT支援員として直接現地に行き利活用を促進するための活動、また書籍の発行等を行ってきた。

しかし、現場の先生から、

  • 「どのように始めたらよいのか分からない」
  • 「ICTを活用した授業をしたくても準備時間がとれない」
  • 「ICTの知識が少なくて不安」

などの声が寄せられることも多くあったという。

このような状況を踏まえ、今後本格的に始まるICT教育のサポートを日本全国の先生にしていきたいと考え、『master study』のサービスを2022年2月7日より正式に提供開始するに至った。

利用料金

  • 教員向け 2,970円(税込)
  • 企業やフリーランスなど個人向け 6,600円(税込)

※2022年春頃までは有償コンテンツを無償で利用可能。

『master study』でできること

Google Workspace for Education を活用した科目・単元別の授業テンプレートや、児童・生徒へ向けた Google for Education の解説動画教材などを幅広く準備。

授業準備の工数を減らし、簡単に使用できる。

掲載コンテンツ例

現在は無償で提供しており、2022年春頃までは今後有償となるコンテンツも無料で使用できる。

授業テンプレート

授業でそのまま活用できるテンプレート集。

必要なものをコピーしてそのまま授業に使うことが出来る。

現在は小学1年生から中学3年生までの各授業のテンプレートをそのまま利用でき、今後は高校用の授業のテンプレートも随時追加予定。

Google for Education 解説動画教材

Chromebook™ の使い方、デジタルツールを使う上での注意点など、先生の代わりに児童・生徒に伝える動画集。

Chromebook の起動からログイン方法からデジタルツールを使用する上での注意点など幅広く伝えている。

ICT授業のはじめかた

ICT授業をはじめる前に、何をどう使っていいのか不安を持つ先生にむけた手順書。

Chromebook の基本的な操作からクラスの作成などまで多数の手順書がある。

できる Google for Education 解説動画

「できる Google for Education クラウド学習ツール実践ガイド」の書籍をもとに活用方法を解説動画にまとめている。

各アプリや Chromebook の使い方など、解説動画でしっかり学べる。