島根県立島根中央高校、音声ペンを用いた学習効果を測定する実証研究を実施

令和3年12月、国際関係学部・国際コミュニケーションコースの江口真理子教授が、島根県立島根中央高校の高校生8人に対して、音声ペンを用いた学習効果を測定するリスニングテストを実施したことを発表した。

学習前と学習後にテストを行い、そのテストの得点率の差から、音声ペンを使い学習したユニットの正答率は、CDを使い学習したユニットの正答率を有意に上回り、音声ペンの学習効果が見られたという。

音声ペンとは、印刷されたドットコード(極小の点で構成された二次元コード)をペン先でタッチし読み取ることで、そのコードに対応する音声データをペン内から瞬時に再生することができる教育用ツール。

この研究ではグリッドマーク株式会社の「G-Speak」を用いた。

幼児や低学年向けの音声ペン対応教材は市販されているが、高校生に適した教材は少なく、そこで英語のリスニング教材に付属されたCDの音源を音声ペン用のシールに紐付け、シールをタッチすると、短文を再生できるように加工。

教材にはリピーティング、シャドーイングなどから構成された、大学生向けのリスニング教材である株式会社南雲堂の「Active Communication with Phrases」を採用した。

リスニング指導する江口教授

難関大学合格を目指す進学ゼミ所属の和泉哲さん(2年)は、

CDは聞き逃すとトラックを全て聞き直さないといけないが、音声ペンは聞きたいところだけ聞けたのでモチベーションが上がった

と音声ペンを使ったリスニング学習の手応えを述べた。

江口教授は、

操作が簡単な音声ペンは学習意欲の向上やリスニング学習に効果が期待できる。一方、日本語にない英語特有の発音の入るフレーズは正答率が低かった。

調査を継続して音声ペンを使った効果的な自己学習のプログラムを開発したい。

と意欲を見せた。

島根中央高校の進路指導部長の松田直子教諭は、

四技能のバランスよい習得がますます求められる中、リスニング力向上への生徒の意欲は高まっているが、苦手とする生徒が最も多い技能でもある。

力をつけにくい背景には、読解などと違い、演習量の不足がある。

授業中に習得した知識をもとに、日々の家庭学習の中で、十分な演習を実践できる教材の提供が叶えば、生徒のリスニング力向上に必ずつながると考えている。

と期待を述べた。