ワンダーラボとユカイ工学、STEAM教育領域のトイ教材「メカニクスラボ」を開発

ワンダーラボ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:川島 慶)は、 コミュニケーションロボットのBOCCOや教育キットシリーズのkurikitなどを提供するユカイ工学株式会社(本社:東京都新宿区、代表:青木 俊介)とコラボレーションし、 STEAM教育領域のトイ教材「メカニクスラボ」を制作したことを発表した。

この教材は、ワンダーラボが提供するSTEAM教育領域の家庭向け教育プログラム「ワンダーボックス」に含まれる教材で、ロボットの組み立てなどを通して観察力・発想力・創造力などを育むことを意図している。

「メカニクスラボ」について

ワンダーラボとユカイ工学がコラボレーションしたトイ教材

ワンダーボックス2022年1月−2月号のトイ教材「メカニクスラボ」では、モーターで動くロボットを作って様々なことに挑戦する。

組み立てなどを通して、電池でモーターが回り動力となることを感覚的に理解するとともに、ロボットを動かし観察しながら、「こうするといいかもしれない!」と試行錯誤を楽しめる。

構造がシンプルな分、手を加えたことによる変化を感じ取りやすいため、多くの発見が生まれ、探究心が引き出されていく。

子どもたちが実際に楽しんでいる様子

2021年12月末〜2022年1月の約1ヵ月間、ワンダーボックス会員向けに、「メカニクスラボ作品コンテスト」を開催。

子どもたちは、「どうしたらもっと速く走れるか」「どんなデザインのロボットにしようか」など、たくさん試行錯誤を楽しんだという。

その様子に関する投稿の一部が、動画では紹介されている。

Twitter、Instagramで「#メカニクスラボコンテスト」で検索!

「ワンダーボックス」とは

2020年4月にスタートしたワンダーボックスは、デジタルとアナログの組合せにより、家庭で子どもの「思考力・創造力・意欲」を育てるSTEAM領域(※)の教育プログラム(対象年齢:4〜10歳)。

プログラミング、アート、ボードゲーム、パズルなどのあそび感覚の教材で、これからの時代に求められるSTEAM教育領域の基礎能力を培うことができる。

サービス開始から、キッズデザイン賞、グッドデザイン賞、ペアレンティングアワードなど、数多くのアワードを受賞。

教材としてのデザインやクオリティが高く評価されている。

(※)STEAM(スティーム)教育とは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Art(芸術)、Mathematics(数学)の頭文字をとった言葉で、理系+アートの教育領域を指す。欧米の教育政策で提唱され、近年は日本の教育改革においても重視されている概念。

ユカイ工学株式会社について

ユカイ工学は、「ロボティクスで、世界をユカイに。」を掲げ、様々な製品を開発・販売するロボティクスベンチャー。

自社製品の製造、販売ノウハウを元に、顧客の要望に合わせて、ハードウェアの設計・製造、ソフトウェアやアプリ開発、センサーや部品の調達を迅速、柔軟に対応する体制を整えている。

主な製品

  • 家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO」
  • しっぽのついたクッション型セラピーロボット「Qoobo」
  • 「ユカイなぼうけんクラフトキット」などエデュケーションシリーズ「kurikit」
  • 音声対話開発キット「codama」
  • フィジカル・コンピューティング・ツールキット「konashi 3.0」
  • 脳波で動く猫耳型コミュニケーションツール「necomimi」
  • あなたに共感する、未来のファミリーロボット「BOCCO emo」
  • 小さくなった、心を癒やす、しっぽクッション「Petit Qoobo」