ブルーフレイム社、事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」経由で個別指導塾をM&A

Visionalグループの株式会社M&Aサクシード(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:金 蓮実)が運営する事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」は、「ビズリーチ・サクシード」経由で、英会話学校を運営する株式会社ブルーフレイム(所在地:東京都港区、以下:ブルーフレイム)が、個別指導塾の事業を譲り受けたことを発表した。

今回、ブルーフレイムが譲り受けたのは、小学生・中学生・高校生を対象とした「個別学習塾」で、出会いから三カ月で成約。

ブルーフレイム代表のイムラン・スィディキ氏はYouTubeチャンネル登録者数が13万人以上、開発した英語アプリ50万ダウンロード、英語関連書籍出版20冊超など、多くの支持を受ける英語教師である。

今回の事業譲受により、ブルーフレイムは、イムラン氏が中心となり培ってきた英語教育メソッドを学習塾という新たな教育の場で展開していく。

M&A概要

譲渡

  • 企業名:Bresto&Company株式会社
  • 事業概要:不動産仲介等
  • 本社所在地: 東京都大田区
  • 譲渡理由:事業の選択と集中

譲り受け

  • 企業名:株式会社ブルーフレイム
  • 事業概要:語学学校
  • 本社所在地:東京都港区
  • 従業員数: 2名
  • 売上高: 約8,000万円
  • 譲り受け理由:事業拡大

株式会社ブルーフレイム 代表 イムラン・スィディキ氏 コメント

「日本の英語教育を変えたい」という想いで、2003年から英会話教室を運営してきました。

そのなかで、学校や学習塾などの教育機関そのものに入りこまなければ、日本における英語の位置付けは変わらないだろうと思い、情報を集め、さまざまな教育関係者にヒアリングしました。

その結果、受験や英検など目的意識のはっきりした塾の方が結果を出しやすいと判断し、このたび、個別指導塾の譲り受けを決めました。

譲り受けたのは、生徒の習熟度や目的に合わせ一対一や一対二で対応する小中高生向けの塾で、東京の私鉄沿線駅前の好立地です。

元々在籍していた塾講師の方々に続けていただき、プラスアルファで英語の動画や英検面接対策を私が担当しています。

これまでの実績を塾のコンテンツとして使える部分が多く、ノウハウも移行中です。

これまで培ってきたノウハウを学習塾業界でも広げ、日本の英語にまつわる状況が変わるきっかけを作りたいです。

事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」について

「ビズリーチ・サクシード」は、譲渡企業と譲り受け企業をオンライン上でつなぐ事業承継M&Aプラットフォーム。

譲渡企業は、「ビズリーチ・サクシード」に、会社や事業の概要を匿名で登録でき、譲り受け企業は、その情報を検索して閲覧できる。

これにより、譲渡企業は経営の選択肢の一つとして事業承継M&Aを早期から検討できるため、経営者の選択肢が広がる。

譲渡企業は、登録から案件成約時まで、プラットフォームの利用料は完全無料。

そのため、コストを気にせず、企業や事業の譲渡を安心して検討できる。

また、譲渡企業から相談を受けたM&A仲介会社や金融機関等も、同様に本プラットフォームを無料で利用できる。

譲り受け企業は興味をもった譲渡企業へ直接アプローチできるため、譲渡企業にとっては、潜在的な資本提携先の存在や、自社の市場価値を把握するきっかけになる。

2017年11月下旬にサービスを開始し、全国の譲渡案件が累計10,600件以上(公開中4,100件以上)登録され、累計譲り受け企業は8,400社以上(2022年1月1日時点)。