登録ユーザー数200万人以上のAI英語教材「abceed」、IBCパブリッシングの『ラダーシリーズ』を掲載開始

株式会社Globee(所在地:東京都港区、代表取締役:幾嶋 研三郎、以下 Globee)は、AI英語教材「abceed(エービーシード)」にてIBCパブリッシング株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:浦 晋亮)が刊行する『ラダーシリーズ』の掲載が開始したことを発表した。

abceedは「学習量×学習効率を最大化する」というミッションに基づき作られたAI英語教材。

TOEIC®、英検®の出題形式に合わせたクイズをはじめとした様々なトレーニング法に対応し、400を超える人気英語教材コンテンツにアクセスする事ができる。

さらに、学習最適化エンジン「abceed AI」を活用した問題のレコメンド、スコア予測、過去問レベル判定テストの利用が可能。

2021年8月には、登録ユーザー数200万人を突破した。

そして今回、abceedにてIBCパブリッシング株式会社が刊行する『ラダーシリーズ』の掲載が開始した。

新たに対応開始となる書籍

LEVEL1

  • アインシュタイン・ストーリー
  • 芥川龍之介短編集
  • アンデルセン名作選
  • イソップ物語
  • 美女と野獣
  • ピーター・パン

LEVEL2

  • オー・ヘンリー傑作短編集
  • 不思議の国のアリス
  • 星の王子さま
  • 宮沢賢治短編集
  • ローマの休日

LEVEL3

  • 赤毛のアン
  • クマのプーさん[新版]
  • シャーロック・ホームズ傑作短編集[改訂版]

LEVEL4

スティーブ・ジョブズ・ストーリー

今後はabceedの更なるブラッシュアップを図りながら、英語学習に取り組む全ての人のサポートが出来るサービスへと改善を重ねていく。

abceedとは

abceedは「学習量×学習効率を最大化する」というミッションに基づき作られたAI英語教材。

TOEIC®や英検®︎の出題形式に合わせたクイズをはじめとした様々なトレーニング法に対応し、400を超える人気英語教材コンテンツにアクセスすることができる。

さらに、学習最適化エンジン「abceed AI」を活用した問題のレコメンド、スコア予測が可能。

abceedの特徴

  • 400を超える人気英語教材のコンテンツを活用した学習が可能
  • TOEIC®/英検®︎問題集や、単語帳、リスニング、リーディング、スピーキング、ライティングの対策など、20種類以上の学習機能に対応
  • 「abceed AI」によりTOEIC®スコアのリアルタイム予測が可能
  • 良質な20,000問の中から、難易度や習得状況から最適な問題をAIがレコメンド
  • 1日30問の学習でTOEIC®スコアが平均96点/月アップの実績あり

※ 有料会員のうち、30問/日以上の問題を解いているユーザーの平均予測スコア上昇


ABOUT US

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。