追手門学院大学がペンシルバニア大学と「Online Learning」に関する協定を全国初締結、「オンライン留学」を拡充

追手門学院大学(略称:追大、大阪府茨木市、学長:真銅正宏)は、ペンシルバニア大学(米国ペンシルバニア州)と「Online Learning」(以下、「Penn LPS Online」)に関する協定を全国で初めて締結したことを発表した。

文部科学省の「デジタルを活用した大学・高専教育高度化プラン」にも選定された「OIDAI DX推進計画」の一環として「オンライン留学」を正規科目として拡充し、国際学部の開設と合わせて教育DXを推進していく。

  • 「OIDAI DX推進計画」の一環として、「オンライン留学」を正規科目として拡充
  • 全国で初めてペンシルバニア大学(Penn LPS)と「Online Learning」に関する協定を締結
  • 「Penn LPS」が開講する約100の正規科目の中から選択し、単位認定が可能

追手門学院大学は今回、米国屈指の名門私立大学連合であるアイビー・リーグの1校であるペンシルバニア大学College of Liberal and Professional Studies(以下、「Penn LPS」)※1と「Online Learning」(以下、「Penn LPS Online」)に関する協定を全国で初めて締結した。

同協定により、学生は渡航しなくても「Penn LPS」が開講する約100の人文・社会学系の正規科目の中から選択履修し、単位認定を受けることが可能になる。

認定される単位数の上限は10~20単位程度を検討しているほか、受講できる学生も2022年4月に開設する国際学部の学生をはじめ他学部にも広げていく予定。

また、国際技術標準規格で規定された「デジタルバッジ」(※2)の発行や、社会人・企業人向けのリカレント教育で「Penn LPS Online」を提供する仕組みの構築を目指していく。

なお、同大ではペンシルバニア大学のほかにカリフォルニア大学バークレー校(※3)サマーセッションや、ハワイ大学マノア校アウトリーチ・カレッジ/サマーセッションとも「オンライン留学」に関する協定を締結しており、同様の取り組みを展開していく。

(※1)ペンシルバニア大学:米国で1740年に設立、略称は「Penn」、「UPenn」。英国Times Higher Education社が実施する「THE世界大学ランキング2022」において13位、英国Quacquarelli Symonds社が実施している「QS世界大学ランキング2022」において13位にランキングされる世界を代表する名門大学。

(※2)カリフォルニア大学バークレー校:米国で1868年に設立。THE世界大学ランキング2022で8位、QS世界大学ランキング2022では32位。派遣予定先は、Summer Sessions, Summer English language Studies.

(※3)デジタルバッジ:単位認定を受けた分野の学修履歴に応じて世界共通でその能力を認定するもの。