グロービスとSalesforceが営業人材のための学習コンテンツを共同で開発、「GLOBIS 学び放題」で提供

株式会社グロービス(東京都千代田区、代表取締役:堀義人)が提供する、ビジネスナレッジの定額制動画学習サービス「GLOBIS 学び放題」は、株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一、以下 Salesforce)と、営業人材のための学習コンテンツを共同で開発し、定額制動画学習サービス「GLOBIS 学び放題」にて1月17日より提供を開始することを発表した。

今回新たに開発された動画は、Salesforceのセールス・イネーブルメント*を推進する組織が、自社の営業人材に対して実際に導入している研修プログラムを基に、グロービスのマイクロラーニングのノウハウを加えたスペシャルコンテンツである。

SFA(営業支援)・CRM(顧客管理)をテーマとした動画「時代に選ばれたSFA・CRM!なぜ求められているのか?」を含む2コースを提供する。

*セールス・イネーブルメントとは、営業活動において継続的に成果を挙げていくことを目的とした、営業組織の強化・人材育成などの包括的な取り組みのこと。

営業活動を支える「セールス・イネーブルメント」の全体像

コロナ禍による顧客購買行動の変化、在宅勤務への移行により営業活動のオンライン化が浸透するなど、営業DXによる変革が求められている。

このような中で企業は、営業活動の可視化に取り組むとともに、営業パーソンに必要なスキルを再定義し、トレーニングを実施するなど、セールス・イネーブルメントの取り組みを始めている。

セールス・イネーブルメントを通じて多くの情報を数値化、検証することで、営業活動の最適化・効率化が見込める。

欧米をはじめとして、すでに世界の多くの企業や組織がセールス・イネーブルメント専門の人材や体制、トレーニング・プログラムなどを整備しているという。

このような潮流の中で、SFA・CRMサービスにおいて世界で15万社以上の実績を持つSalesforceは、早くから自社のセールス・イネーブルメントにも積極的に取り組んでいた。

これら実績に基づく知見を保有するSalesforceと、法人研修などを通じて延べ3,800社以上、112万人のリーダー人材の育成・組織開発の実績を持つグロービスとが連携しコンテンツを共同開発、そのナレッジを提供することで営業組織の継続的な成長を実現する。

今後も「GLOBIS 学び放題」では、組織人材の育成につながるコンテンツを企業と共同開発し、ビジネスパーソンに最適な学びを提供していく。

GLOBIS 学び放題 について

「GLOBIS 学び放題」は、グロービスがこれまでビジネススクールや企業内研修、出版事業を通じて培った、良質な経営教育のコンテンツやビジネストレンドを、スマートフォンやPCなど利用シーンに合わせたデバイスで、いつでもどこでも好きなだけ学習することができるサービス。

ビジネスに必要とされる体系的な知識を、600コース、4,200本以上の動画に収録。

動画は1本あたり3分程度から構成されており、隙間時間に手軽に学習することが可能。

2021年1月時点で導入社数は2,500社以上、会員数は21万人以上に成長している。