チエルが語学4技能学習システム『CaLabo® MX』をバージョンアップ、オンライン授業で求められる機能を追加

学校教育向けにICT利活用を支援するチエル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:粟田輝)は、2022年1月、語学4技能学習システム『CaLabo® MX』Ver.2.5 をリリースしたことを発表した。

今回のバージョンアップで、先生画面送信機能やニュース教材が新たに999タイトル追加など、より多様な学び方に対応できるようになった。

『CaLabo® MX』Ver.2.5 概要

『CaLabo® MX』は語学4技能の「聞く」「話す」「読む」「書く」に特化したクラウド型のシステムで、ノートPCやスマホなど可搬性のあるモバイル端末で利用できる。

シャドーイングやディクテーション、語彙テストなどの授業運営に必要な機能と、先生に優しい操作性が、授業進行をスムーズにする。

今回のバージョンアップでは、ハイフレックス型授業やオンライン授業において活用できる機能を追加し、さらに活用の幅が広がる。

 主なバージョンアップ内容

「先生画面送信機能」の追加

先生のデスクトップ画面を学習者画面に表示する機能を追加。

これによりオンライン授業においても学習者の画面に、先生のデスクトップ画面が全画面で表示され指導等に活かすことができる。

Zoom連携機能搭載

Zoomのアカウント認証を行うことで、授業開始時にZoom Web会議を自動生成できる。

学習者は授業に参加することで自動的にZoom Web会議が起動される。

*Zoom Marketplace追加後に利用可能。

『ABLish®︎』教材の追加

クラウド型英語ニュース教材『ABLish®︎』で配信された過去のニュース(2021年上旬まで)が新たに999タイトル追加された。

ニュースは1つのニュースで「ベーシック・バージョン」(英検3級程度)と「アドバンス・バージョン」(英検2級~準2級程度)」レベルから学習できるようになった。

上記以外にも、年次処理の追加、4技能アクティビティの改善、エージェントの自動アップデート、時間を指定して課題を出す、授業時間を更に柔軟に指定可能など、機能の追加と改善が行われた。

今後も多様な学び方に対応したシステムと製品間連携により、シームレスに学べる環境を提供し続けていく。