KUMONがコスタリカ共和国に公文式教室を開設

株式会社 公文教育研究会(以下、KUMON)〔代表取締役社長:池上秀徳〕は、2021年11月、コスタリカ共和国に公文式教室を開設したことを発表した(管轄法人:北米公文)。

現在KUMONは世界59の国と地域に展開しており、一人でも多くの子どもたちに公文式学習の場を提供できるよう、今後も教室展開を進めていく。

今回開設された公文式教室について

2021年11月、コスタリカ共和国の首都、サンホセにコスタリカ初の公文式教室が誕生した。

コスタリカは KUMONにとって59番目の展開国・地域であり、中米における展開国は2ヵ国となった。

教室名

エスカス教室(Centro Kumon Escazu)

指導者名

メラニア・バルトダーノ先生(Ms. Melania Baltodano)

指導教科

算数・数学・EFL(English as a foreign language: 外国語としての英語)

管轄法人

北米公文(本社:アメリカ・ニュージャージー州)

教室開設の背景

なりたい自分になれると気づいてほしい

バルトダーノ先生がメキシコに住んでいた時、わが子の数学力を上げたいと思い、公文式教室の入会を決めた。

学習を開始して、数学力だけではなく、自信、忍耐力、学習習慣も身に付いていくことがわかり、これらは大人になっても大切な力で、小さいころから身に付けていくことがとても大事だと確信。

「なぜこんなに素晴らしい教育法がコスタリカにはないのだろうか。いつかKUMONの先生になりたい」と思い、メキシコの教室開設概要説明会に参加したという。

メキシコからコスタリカに戻ったバルトダーノ先生が、「コスタリカで教室展開予定」のメールを受け、すぐさま応募、開設前研修を経て、今回、コスタリカで第1号の公文式教室を開設した。

将来あらゆる分野で活躍できるようになるためのスキル、姿勢、価値観を備えた人材を育てたいです。

誰もがなりたい自分になれるということに気づいてほしいです。

と語るバルトダーノ先生は教室の子どもたちの様子に手ごたえを感じているという。

記者発表会について

11月19日に記者発表会を開催

国内外の教育関係者や報道関係者を招き、11月19日に、Hotel Park Innに於いて、今回のコスタリカへの新規展開についての記者発表会を開催。

KUMONは、2022年度中に2~3教室の開設を目指していく。

参考: コスタリカ共和国について

北にニカラグア、南東にパナマと国境を接しており、南は太平洋、北はカリブ海に面している中米の国。

面積は51,100平方キロメートル(九州と四国を合わせた面積)。人口は約509万人(2020年 世界銀行)。首都はサンホセ(標高1,200メートル)。 ※データは、外務省ホームページより