中1生の半数が「プログラミングができる」と回答 東進運営のナガセ調べ

東進ハイスクール・東進衛星予備校(以下、東進)を運営する株式会社ナガセ(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長 永瀬昭幸)は、2021年10月・11月に実施した「全国統一高校生テスト」「全国統一中学生テスト」の受験に対して独自アンケートを行った。

その中から今回は、高校生・中学生のプログラミング学習への取り組みに関する調査結果を発表した。

調査結果概要

結果詳細

 8割以上の高校生・中学生が「プログラミングは必要なスキル」と認識

上のグラフは、「プログラミングが今後必要なスキルになると思うか」というアンケート結果である。

「とても思う」と「そう思う」の合計は、高校生が86.0%、中学生が83.7%だった。

学年が上がるにつれて増加する傾向にあり、高校生では全学年が85%を超えている。

多くの高校生がプログラミングは今後、重要となると考えていることがわかる。

 中学1年生の半数以上が「プログラミングができる」と回答

上のグラフは、「どの程度プログラミングができるか」を聞いたアンケート結果である。

こちらは、「プログラミングは今後必要なスキルになると思うか」という質問とは反対に下の学年になるほど、「プログラミングができる」と回答する生徒が多い傾向にある

中1においては、何らかの形でプログラミングができると答えた生徒が半数を超えている。

プログラミング言語を活用してプログラミングができる層[競技プログラミングやKaggleに取り組む+テキスト入力のプログラミング(自分一人で)]も、中学生ではどの学年も10%を超えていた。

※回答数:107,450件、無回答マークミスを除く100%表示

背景

プログラミング教育の変化

今回の調査結果の背景には、学校教育におけるプログラミング教育の拡充があるという。

まず、2020年度から小学校でプログラミングが必修となり、2021年度には中学校でのプログラミング教育が拡充された。

現中学1年生は小学校でプログラミングが必修となった学年のため、一つ上の中2と比較しても「プログラミングができる」と回答した割合が高くなっている。

また、高校においては翌22年度からプログラミングを含む「情報Ⅰ」が必修となる。

「大学入学共通テスト」にも追加され、国立大が試験科目に加える方針を示しているなど、プログラミングへの関心はますます高まるものと考えられる。

「全国統一高校生テスト」「全国統一中学生テスト」について

「全国統一高校生テスト」「全国統一中学生テスト」は、それぞれ年2回(6月と10・11月)実施する東進模試。

日本全国の高校生・中学生を対象に、これまで無料招待で実施しており、1回の受験者は15万人以上にのぼる。

東進生以外の一般受験者も多く受験している。

日本全国の高校生に学習のヒントやスタートのきっかけを提供するとともに、日本各地の優秀な人財を発掘・育成することを目的としている。

成績優秀者を対象に決勝大会も実施している。