Schooと立命館大学がアドバイザリー契約締結、立命館大学のDX推進をSchooが支援

インターネットでの学びや教育を起点とした社会変革を行う株式会社Schoo(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO兼CCO:森 健志郎、以下「スクー」)は、学校法人立命館(所在地:京都府京都市、総長:仲谷 善雄)と2021年12月にデジタルトランスフォーメーション(以下「DX」)推進アドバイザリー契約を締結したことを発表した。

スクーの同契約締結は、近畿大学、iU情報経営イノベーション専門職大学、日本経済大学、福岡大学に続いて5校目となる。

立命館大学とSchoo アドバイザリー契約締結の背景

昨年より新型コロナウイルス感染拡大を機に社会全体の急速なDXが進み、多くの高等教育機関※が急遽オンライン授業への実施を余儀なくされた。

高等教育機関:高等教育を提供する教育機関の総称。大学、大学院、短期大学、高等専門学校、専門学校を含む。

その後、感染状況の落ち着きと共に対面での授業も再開され、現在では通学や受講形態に対して多様化した学生のニーズに応えることが必要とされている。

さらに、教室内の過密状態を避けるため、ハイブリッド型教育※の実施とその中で学習効果を最大化する授業設計が求められるなど、変化に応じた新しい教育環境が求められている。

ハイブリッド型教育:オンライン授業と対面授業を併用して学習環境を提供すること。

立命館大学では「学園ビジョンR2030」を掲げ、より教育効果の高い授業手法の開発や実践、次世代の新たな教育システムの構築を目指してDX推進に取り組んでいる。

オンライン授業配信のためのスタジオの設置をはじめ、2024年度に大阪いばらきキャンパス(OIC)へ映像学部・情報理工学部が移転予定であり、これを契機とした映像とデジタルの掛け合わせによる未来志向の映像発信を目指すプラットフォームの構築に向けた取り組みなど、次世代の教育環境の整備に注力されている。

スクーは創業以来10年間オンライン授業を提供する中で培った「オンラインでの学習体験設計」と「安定したライブ配信技術」をかけ合わせ、2014年以降20を超える高等教育機関と提携し、様々な実証実験やDX支援を行ってきた。

その実績を活かし、立命館大学におけるオフラインとオンラインを高度に融合した教育体制の実現に向けて更なる支援をさせていただくべく、今回の契約締結に至った。

DX推進のための支援内容

スクーはDX推進アドバイザーとして、立命館大学に対し以下の支援を行う。

  1. オンライン化のための講義の企画アドバイス
  2. オンライン講義の演出アドバイス
  3. 教室のスタジオ化のための機材の選定や準備に関するアドバイス
  4. オンライン講義配信ツール・DXツールの選定における情報提供及びアドバイス
  5. 学内全体のDX推進に関わる管理体制の構築と運営へのアドバイス

Schoo DX事業について

スクーは2014年以降20以上の高等教育機関と提携※しており、2020年3月に設置した「大学授業のオンライン化相談窓口」を通して10以上の大学のオンライン化を支援してきた。

2020年12月には正式に教育機関に特化したデジタルトランスフォーメーション支援サービスを発表。

2021年9月には高等教育機関DXプラットフォーム『Schoo Swing』を正式リリースし、ハイブリッド型教育の実現だけでなく、オンラインを活用した教育の質向上・学習成果の可視化を目指したDX支援を行っている。

※東京大学、法政大学、関西学院大学、東海大学、中央大学、京都造形芸術大学、京都工芸繊維大学、聖学院大学、早稲田大学、熊本学園大学、八洲学園大学、東京未来大学、國學院大学、福岡大学、近畿大学、iU情報経営イノベーション専門職大学、日本経済大学、学校法人呉学園、日本デザイナー学院、日本写真芸術専門学校。