エプソンがプロジェクションマッピング制作アプリ『プログラマッピング』を開発、プログラミング教育の取り組みを後押し

エプソン販売株式会社は、プロジェクションマッピングコンテンツ制作を通じて、教育現場のプログラミング教育への取り組みを後押しするアプリケーションソフトウェア『プログラマッピング』を開発し、2022年度の商品化を視野に入れ、教育現場での研究授業を順次開始することを発表した。

『プログラマッピング』概要

「プログラマッピング」画面イメージ ※画像は開発中のもの。

『プログラマッピング』は、小学校低学年の児童でも簡単なプログラミングによりプロジェクションマッピングコンテンツ制作を行う事ができるChromebook™専用のアプリ。

今回の開発や研究授業では、放送大学の中川一史教授・佐藤幸江客員教授が監修している。

アプリケーションの使い方は、最初にプロジェクターで投影する対象とストーリーを決定しコンテンツをプログラムする。

次にプロジェクション対象の位置やコンテンツ内容を調整し作品を完成していく。

「表現」と「鑑賞」を繰り返し、作品を制作する過程からプログラミング思考を育むことが期待できるという。

今回のリリースを皮切りに、神奈川県横浜市、福島県会津若松市と会津美里町の小学校で、本アプリケーションを使った研究授業を順次予定しており、学びの効果の検証とアプリケーションの品質向上を行っていく。

今後もエプソンは、さまざまな商品・サービスを通じた社会課題解決とともに、「学校現場を笑顔に」を届けていく。