paizaの「投資先企業向け特別プラン」対象スタートアップが200社を突破、提携VCは7社から16社に増加

ITエンジニア向け国内最大の転職・就職・学習プラットフォーム「paiza(パイザ)」(paiza株式会社 東京都港区、代表取締役社長 片山良平)は、2021年1月よりベンチャーキャピタルJAFCOなど計7社のベンチャーキャピタル(以下、VC)と提携を行ってきた。

今回、提携先が16社に増加し、「投資先企業向け特別プラン」の対象となるスタートアップが200社を突破したことを発表した。

paiza「投資先企業向け特別プラン」について

paizaでは2021年1月より、JAFCOなどVC7社と提携し、各社が投資するスタートアップ企業向けに「投資先企業向け特別プラン」として報酬料を最大50%引きしてIT人材の紹介を行ってきた。

今回、その提携先VCが16社に増加し、「投資先企業向け特別プラン」対象のスタートアップが200社を突破した。

このサービスにより、paizaの登録者は、大手VCが見極めた優良スタートアップの求人情報を得ることができ、スタートアップはpaizaに登録する経験豊富なIT人材に自社の採用情報を届けることが可能となる。

なお、対象スタートアップではすでに130名の内定者が出ているという。

paizaの特徴は、「paizaスキルチェック」によってあらかじめ登録者に6段階のpaizaランクが付与されていること。

専門知識のある人事担当者がいない、もしくはあまり採用に時間をかけられないスタートアップでも、求職者のスキルを簡単かつ的確に見極めて採用することが可能。

paizaでは、今後とも「投資先スタートアップ向け割引プラン」の提供を継続する。

登録者数47万人を誇るpaizaユーザーとマッチングを図ることで、スタートアップで慢性的な課題となっているITエンジニアを中心とするIT人材不足解消を支援していく。

提携先ベンチャーキャピタルについて

paizaについて

paizaは国内最大のITエンジニア向け転職・就職・学習プラットフォーム。

オンラインでのプログラミングテスト「paizaスキルチェック」を受験してスキルを証明し、それを使って転職・就職する独自のサービスで、2021年12月現在、paizaの登録者数は47万人。

3,000社を超える企業が採用に利用している。

「paizaスキルチェック」の総受験回数は1,500万回(2021年12月現在)に達している。

「paiza転職」は、ITエンジニアの“スキルを可視化“し、実力重視で企業とマッチングするITエンジニア向け転職サービス。

そのほか、学生向け就職サービス「paiza新卒」、未経験、若手エンジニア向け転職サービス「EN:TRY」、および転職・就職直結型のプログラミング学習サービス「paizaラーニング」を展開。

現役エンジニアの転職はもちろん、「paizaラーニング」で学んだ後に「スキルを可視化」して転職、就職する例も多数生まれているという。