JAXA宇宙教育センターとクラーク記念国際高等学校が連携、特別授業を開催

クラーク記念国際高等学校(本校:北海道深川市、校長:三浦 雄一郎、以下クラーク国際)は、12月21日(火)にJAXA宇宙教育センターと連携した特別授業を開催することを発表した。

この取り組みは、クラーク国際の開校30周年の記念事業として実施している「宇宙教育プロジェクト」の一つとして実施される。

特別授業では、宇宙探究部に所属する生徒たちがJAXAの人々に向け、月面での学校生活を想定した「宇宙制服」「宇宙給食」の提案を行う。

宇宙教育プロジェクトについて

「宇宙教育プロジェクト」は、高校生による人工衛星開発・打上げ、および宇宙をテーマにした探究学習プログラムの開発により、未来のリーダー人材育成を目指すクラーク国際の特別活動。

クラーク国際生の中から「宇宙探究部」の部員を募り2021年7月に活動を開始。

2022年度内の人工衛星打ち上げを目指し様々な活動を行っている。

宇宙探究部は「人工衛星開発チーム」「国際広報チーム」「ミッション実行チーム」の3つのチームにわかれて活動しており、人工衛星の打ち上げだけでなく、宇宙関連企業と連携したプログラムなども実施している。

「月面の学校生活での制服・給食」プレゼンテーションについて

日程

2021年 12月 21日(火)

時間

16: 30〜18:30ごろ(16:15受付開始)

会場

オンライン(ZOOM)にて実施

出席者

  • JAXA 有人宇宙技術部門 宇宙飛行士運用技術ユニット 宇宙飛行士健康管理グループ 三澤 拡
  • 宇宙探究部生徒(クラーク記念国際高等学校) *敬称略

クラーク記念国際高等学校について

「Boys,Be Ambitious!」で知られるクラーク博士の精神を教育理念に受け継ぐ唯一の教育機関として平成4年に開校。

北海道深川に本校を設置し、全国約50拠点で約1万人が学ぶ。

通信制でありながら全日制と同様に毎日制服を着て通学して学ぶ「全日型教育」という新たな学びのスタイルを開発・導入。

カリキュラムの柔軟性を生かし、生徒のニーズに合わせた様々な特徴ある授業を展開。

毎年、海外大学や国公立、有名私立大学などへの進学者も多数輩出。

JAXA宇宙教育センター授業連携について

いつもの授業に「宇宙」の視点を加えることで生まれた日常の気づきをきっかけに、子供たちが自ら考える力を引き出すことを目指している。

幼稚園・保育園、小学校、中学校、高等学校などの先生方と連携して、それぞれの現場に最適な「宇宙」を活用した授業づくりを支援している。