世界15か国、累計60,000人以上が受検したスプリックスの国際基礎学力検定「TOFAS」第4回を22年1月25日より実施

株式会社スプリックス(本部:東京都豊島区/代表取締役社長:常石博之)は、国際基礎学力検定「TOFAS(Test of Fundamental Academic Skills)」の第4回検定を、2022年1月25日(火)より、受検料無料にて実施することを発表した。

この検定はインターネットを介して自宅から受検することができ、「計算」「英単語」「漢字・語い」の3科目が対象。

第4回では、これまでを上回る世界20か国からの参加を見込んでいるという。

国際基礎学力検定「TOFAS」概要

国際基準で基礎学力を正しく測ることができるTOFASの受検者数は、世界15か国累計60,000人を超えた。

日本国内では、基礎学力の重要性が再認識されていることを背景に、東京都港区・豊島区、新潟県長岡市などの公教育機関においても続々と導入が進んでいる。

第4回を迎える今回は、受検者数の急増を踏まえ、全体システムを抜本的に改修しているという。

実際のテスト画面

具体的には申込みフローを大幅に見直し、テスト画面のデザインを一新。

テスト結果表イメージ

また、結果表および合格証(サーティフィケート)も、受検者のフィードバックを反映するかたちでリニューアルされた。

受検後の結果表は、合否だけでなく、科目全体・単元ごとの正答率、どこでつまずいてしまっているか、などの詳細な分析結果まで表示しているため、その後の学習計画に役立てることができ、学力を効果的に伸ばすための指標として活用できる。

また、各レベルにおけるランキング結果を、対国内・対世界の双方から示している。

日本国内だけでなく、世界基準で基礎学力を測ることができる点においても、TOFASは国内外から高い評価を得ている。

TOFASの特徴

国際基準で基礎学力を「評価」することができるTOFASの主な特徴は以下の通り。

(1)基礎に特化した学力の「評価」ができる

全ての学力の土台となる基礎学力は、教育を受ける子どもたちの環境が大きく変わろうとしている今、高い注目を集めている。

TOFASは、基礎に特化し学力を正しく「評価」する。

(2)世界規模で基礎学力の「比較」ができる

世界11ヵ国の保護者のうち75%*は「グローバルに学力を測定できる仕組みがあれば利用したい」と回答している。

日本を含む世界20か国で実施するTOFASは世界規模での基礎学力の「比較」が可能。

*スプリックス基礎学力研究所「世界11ヵ国において子ども・保護者を対象に学習に関する「意識調査」」(2020年8月・9月実施)

(3)一人ひとりの基礎学力定着に必要な「のびしろ」が分かる

TOFASは、正答率や合否結果に加え、受検データを分析し学力向上に必要な「のびしろ」をフィードバックする。

分析結果を一人ひとり個別に可視化することで、基礎学力の確実な定着につなげていく。

TOFAS第3回検定の結果

第3回は、日本を含む15か国、のべ約30,000名が受検し、第2回の受検者数を大きく上回る結果となった。

国内においては小学校や中学校でも導入が進むなど、公教育の場でも高い注目を集めている。

TOFAS第3回実施国

日本・アメリカ・インド・インドネシア・オーストラリア・カナダ・シンガポール・タイ・フィリピン・ベトナム・マレーシア・ミャンマー・香港・台湾・エジプト

日本の公教育における導入

TOFASは個人受検のみならず、日本の小学校や中学校といった公教育の場でも導入が進んでいる。

GIGAスクール構想による1人1台端末の整備が進んだ学校現場において、従来の紙のテストに代わるCBT(Computer Based Testing)方式のテストとしてTOFASが活用されている。

東京都港区・豊島区、新潟県長岡市などからは、作問や採点において教員の負荷軽減になること、細かい分析による可視化で授業改善の指標にできることなど、指導側のメリットが大きいとの声が寄せられている。

TOFAS第4回検定の概要

受検日・時間

2022年1月25日(火) ~ 2022年1月31日(月)

申込期間

2021年12月7日(火) より開始予定

基本情報

  • 対象科目:計算、英単語、漢字・語い
  • 検定時間:各40分
  • 合格ライン:正答率80%以上
  • 出題形式:回答選択方式(一部、回答入力方式および回答書き込み方式)
  • 必要な物:PCまたはタブレット、受検情報が示されたメール、計算用紙、筆記用具(漢字・語い、はタブレットおよびタブレットに対応したペンが必要)
  • 受検結果
    • 受検日の10日後以降にメールを配信。Web上で結果の閲覧が可能
    • 合格者には合格証(サーティフィケート)をデータにて発行

申込方法

「TOFAS」公式Webサイトより申込み。

申し込みページにてメールアドレスを入力後、フローに従い必要情報を登録、受検日やレベルを選択すると申し込みが完了する。