Z会グループが東京学芸大学の高校探究プロジェクトに参画、高校教育を変える授業モデルを開発

株式会社増進会ホールディングス(静岡県三島市、代表取締役社長:藤井孝昭)の事業会社である株式会社Z会(以下グループ会社を総称して「Z会グループ」)は、国立大学法人東京学芸大学(東京都小金井市、学長:國分 充、以下「東京学芸大学」)における次世代教育研究推進機構 高等学校における授業及び教師教育モデルの開発・普及プロジェクト(理事・副学長:佐々木幸寿、以下「高校探究プロジェクト」)の活動に参画することを発表した。

「高校探究プロジェクト」概要

大学入学共通テストの導入や「主体的・対話的で深い学び」の実現を目指す新学習指導要領など、日本国内では教育改革、入試改革の大きな波の中にあるが、高等学校においては、依然として知識伝達型の教育が中心となっている。

そのような高校教育の改善のために、各教科における探究的な学びと、教科横断の探究的な学びを推進することを目標として、東京学芸大学の高校探究プロジェクトが立ち上がった。

高等学校における各教科の学びが知識伝達型になる原因の一つに、生徒や先生に大きな影響を与える大学入試の存在がある。

一方で、大学および社会が求めるのは知識再生型の人材ではなく、思考力・判断力・表現力や主体的に学習に取り組む態度を備えた人材であることから、実際には、難関大ほど思考力重視の入試が行われており、また大学入学共通テストが導入されるなど、大学入試にも変化が見られる。

そこで、「大学入試」と「探究的な学び」を二項対立で捉えるのではなく、大学入試への対策としても有効であり、且つ探究的な学びとしても有効である授業モデルを開発するために、高校探究プロジェクト(各教科部門)に、Z会グループがアドバイザーとして参画する運びとなったという。

教育系大学および大学院として日本最大の規模と質を誇る東京学芸大学と、入試に対する知見や教材開発力を有するZ会グループがタッグを組み、教室の主役である先生と力を合わせて、高校教育を変える授業モデルの開発に取り組む。

キックオフイベント 瞳輝く学びの実装化-生徒のため、教師のため、未来のため- について

日時

2021年12月19日(日)13:30~15:30 Zoomによるライブ配信

定員

300名

対象

全国の高等学校教職員、各都道府県等教育委員会、指導主事、各種教育関係者等

参加費

無料

申し込み締切

12月16日(木) ※ Zoomリンクは、申込者に12月17日(金)に送信。申込者は期間限定で、アーカイブ動画を視聴可能。