大東文化大学が「第62回全国書道展」をVR化、バーチャル展示サイトを公開中

大東文化大学は11月27日・28日に開催した「第62回全国書道展」をVR化し、バーチャル展示サイトで公開している。

ウェブ上に会場が再現されており、文部科学大臣賞から大東書道大賞までの約200点の作品については、高解像度画像の閲覧が可能。

書道展の360度ヴァーチャルツアーが楽しめる。

「第62回全国書道展」VR展示サイトについて

大東文化大学は「書道の振興と書技の向上」を目的として、1959年から全国書道展を開催している。

昨年は新型コロナウィルスの蔓延に伴い開催を延期したが、第62回となる今年は感染症対策を十分に行った上で開催。

国内外より17,277点の応募があり、その中から特別賞作品のみを同大板橋キャンパスにおいて展示した。

今回同大では、会場に足を運べなかった人たちのため、また「混沌とした状況下だからこそ、『書の力』をデジタル上でも多くの人に感じてもらいたい」との思いから、第62回全国書道展をVR化しバーチャル展示サイトを公開している。

展示サイトの制作には、現実空間を3Dで再現するクラウドサービス「Matterport」を利用。

AI機能を搭載した赤外線カメラで会場を360度スキャニングし、3Dウォークスルーが可能な空間を実現している。

閲覧者はサイト内の空間を自由に移動でき、書道展の360度ヴァーチャルツアーを楽しむことができる。

また、文部科学大臣賞から大東書道大賞までの約200点の作品については高解像度画像の閲覧が可能。

作品下部に付けられたピンをクリックすると、作品のデジタル写真が表示され、細部まで堪能できる。

サイトはスマートフォンやタブレットからも鑑賞することができ、自分に合ったペースで展示を楽しめる。


ABOUT US

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。