SDGsとキャリア教育の融合プログラム「学校ブックオフ」プロジェクトが全国の小学校を対象に開始

一般社団法人日本文化教育推進機構(所在地:東京都渋谷区、代表理事:田代 綾)は、ブックオフグループホールディングス株式会社(本社:神奈川県相模原市、代表取締役社長:堀内康隆、以下ブックオフ)と共同で、全国の小学生を対象に「SDGsとキャリア教育」の融合プログラム「学校ブックオフ」プロジェクトを開始することを発表した。

現在、2022年度の実践校を募集している。

「学校ブックオフ」プロジェクトとは

ブックオフグループのリユース事業についてのカリキュラムを作成し、子どもたちに向けて授業を実施している。

ブックオフという身近にあるお店を題材にすることで社会・環境問題を自分事として捉えて考えやすい内容。

これまでに、全国の小学校60クラスで実施しており、SDGsとキャリア教育を融合したこのプロジェクトは大変好評を得ているという。

授業内容

ブックオフの店員がプロの「査定方法」を伝授

「学校ブックオフ」査定体験オンライン授業

子どもたち自身が「家にあるいらない本を買い取って値段を付けるとしたら」を考え、自力で査定した金額をオンラインでブックオフのスタッフに直接プレゼンする。

その後、スタッフが「査定方法」を伝える。

マスターした査定手法をもとに学校に「ブックオフを開店」

査定方法を学んだあとは、学校でブックオフを開店する。

「仕入れ」「広報」「営業」「経理」……、お店を開店するためにはどんな仕事が必要かを子どもたちがグループごとに企画し、オリジナルの「ブックオフの店舗」を学校にて展開する。

特徴

楽しみながら「循環型社会」の在り方を学ぶ

仮想通貨「ブッカ」を使って本を売り買いします

このプロジェクトでは「教師が教える」のではなく、「子どもが自ら学びに行く」という教育目標のもとにプログラムが組まれている。

プログラムでは、家にある不要な本を子どもたちに持参してもらい「これを売ったら、いくらになるか」と査定するところから学びが始まる。

子どもたちは体験を通し、クラスメイトと楽しみながら、本をリユースすることを覚えていく。

ブックオフではなぜ「値段がつけられない本」も無料で引き取るのかに疑問を持ち、その引き取られた本が100%リサイクルされていることを知って、ブックオフが「循環型社会への過渡期」を支えていることを経験的に学べる。

プロジェクトそのものが生きた「キャリア教育」

子ども自らPR動画を制作し広報活動

学校ブックオフでは、リアルな店舗運営を体験することができる。

「売上を上げるには?」「チームワークを大事にするには?」「集客活動とは?」などを考えるうちに、大人顔負けのアイデアを出してくれることもあるという。

双方向のオンライン授業で活動をフォローアップ

「査定体験」、「学校ブックオフ」体験授業中には、オンライン授業を開きブックオフ店舗スタッフがアドバイスを行う。

また、子どもたちが活動を通して課題に思ったこと、乗り越えたいこと、解決したい疑問などを、オンラインを通して実際の店舗スタッフに聞くこともできる。

教材データ、ツール類一式を全て提供

教材データ・ツール一式を提供

GIGAスクール構想時代にぴったりの教材データ、指導案、ワークシート、学校ブックオフの時に使用する仮想通貨「ブッカ」、店舗のぼり制作用のロゴデータ、オリジナルTシャツなど、教材データ、ツール一式を提供している。

また、本が足りない場合は、ブックオフより寄贈することも可能。

内容

教材内容

査定体験「本の価値って、どのくらい?」、店舗体験「学校にブックオフをつくろう!」、「不要なTシャツでマイバックをつくろう!」など、各学年、テーマごとの授業が用意されている。

ブックオフでモノを売ったり、買ったりする行動そのものがモノの寿命を延ばし、捨てるモノを減らすという社会貢献に繋がっている。

これはSDGsの目標12「つくる責任、つかう責任」を達成させることにおいて、非常に重要な役割を担っている。

一般社団法人 日本文化教育推進機構では、このプロジェクトを通して、「楽しいリユース、リサイクル」を生活の中の「当たり前」にし、無理なくゴミを削減しモノが循環するサスティナブルな社会の在り方を、子どもたちに伝えていく手伝いをしていく。