埼玉県横瀬町とライフイズテック、GIGAスクール環境を活用した「新時代の学びを実現するプログラミング教育」で連携

ライフイズテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:水野雄介) は、横瀬町(所在:埼玉県横瀬町、町長:富田 能成)と「新時代の学びを実現するプログラミング教育に関する連携協定」を締結し、2021年11月22日連携協定締結式を実施したことを発表した。

協定締結の背景と目的

横瀬町は、多様性を尊重した「カラフルタウン」の実現に向けての教育の柱として、

切れ目ない子育て支援と教育の連携により、変化の激しいこれからの未来を楽しく、たくましく生き抜ける人を育てます。

と掲げている。

さらに「日本一チャレンジする町」としてチャレンジする人を応援する町づくりを推進している。

これからの時代を生き抜く子ども達の育成のためには、教員と子どもがテクノロジーを通じて課題解決や価値創造の力を育む環境を構築することが重要と考えている。

GIGAスクール環境下で新時代の学びを実現するため、今年度は、昨年度に続いて町立中学校でのプログラミング教育の実施およびEdTech教材の活用支援に取り組む。

また両者は、教員向けの研修や授業実践モデルの検証、プログラミング学習の効果測定を実施し「新時代の学びを実現するプログラミング教育」において連携していく。

協定締結日

令和3年11月22日

連携協力事項

  • 町内の学校におけるプログラミング教育の実施及び教材の利用に関すること
  • 町内の教員及びICT指導員等の指導力向上並びに授業実践方法の研究に関すること
  • 町内における実践事例の他自治体等への広報及び普及に関すること
  • 今後のプログラミング教育の在り方の検討及びプログラミング教育がもたらす児童生徒への教育効果に関すること
  • 課外学習、社会教育活動の実施に関すること

先生の声

横瀬中学校 長谷河先生

昨年度はGIGAスクール端末の導入に合わせ、ライフイズテック レッスンを中学2年生の技術で採用しました。

生徒たちは、画面に出てくる課題をクリアすることが楽しみになっていたようです。

また、「もう少し自分でこうやってみたらどうなるか」といった様子もあり、非常に興味関心を持って学習していたと思います。

授業では、生徒同士でできる子がサポートする様子が見られ教えあいながら主体的に学ぶ様子が印象的でした。

今後は、生徒のオリジナル性を引き出していけるような声掛けや授業をしていきたいです。

EdTech教材「Life is Tech ! Lesson」について

  • 新学習指導要領に対応:中学校技術科 /高校情報科の新学習指導要領に対応したブラウザ完結 型のプログラミング学習教材
  • サービス提供開始から1年弱で全国600校以上の中学校・高校で採用
  • 楽しく学ベるカリキュラム設計:エピソードに合わせて出題される課題をクリアすることでプログラミングを楽しく学べる
  • テキストコーディングで問題解決を実現:オリジナルの作品制作を通して問題解決を実現
  • 個別最適な学習を実現:一斉授業ではなく、生徒がそれぞれのペースで学習可能
  • プログラミング教育未経験の先生でも簡単に導入可能:授業準備の手間がかからず、導入環境 や設定もシンプル
  • 充実した先生向けサポート:進捗管理画面、指導案、補助教材、小テスト、評価指標などの先 生向けの授業支援ツールも提供